« 2013年6月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月22日 (日)

冬至の富士

快晴。

寒さが厳しさを増す中、富士の雪化粧が進んでいる。

12013_12_22_2

上空に月が見える。

1img_3387_4


もう一枚。

12013_12_222

右に見える丹沢山塊も冠雪している。

 

今朝のテレビ朝日「題名のない音楽会」は第23回出光音楽賞受賞者ガラコンサート。

受賞者の一人、福士マリ子の父親は、司会を務めた池辺晋一郎と芸大同期とのこと。

ロッシーニの「ファゴット協奏曲」から第3楽章がオンエアされた。

ロッシーニらしい軽快で洒脱な作品である。

ロッシーニがオペラ作曲の筆を折った後の1,845年頃の作品だそうで、なんと1,990年代初め頃の発見だそうだ。

2,011年に福士によって日本初演されたそうだが、発見から20年余りかかっているとはいかにも遅い。

貴重な作品を鑑賞することができた。

2013年12月18日 (水)

師走の夕富士

12月も半ばを過ぎた。冬至も近い。

ここ数日、寒さが一段と厳しくなって来た。

今年はアッと云う間に終わろうとしている。

12013_12_151

これは、我が家から見た夕焼けの富士(15日)。

頂上にかかった雲、空に散らばっている雲がのどかだ。

2013年12月 1日 (日)

水も土もいらない球根

今日から師走。

今年もあっという間だった。

一昨日にサフランの開花に気付いた。

12013_11_30

10月下旬に大手百貨店の私の地元店の開店前の行列に並んでいた時に店員さんが配っていたもの。

サフランといえばスペイン料理のパエリアに使うもの、位の知識しか持ち合わせていなかったが、球根を置いておくだけで花が咲くなんて半信半疑だったが、目の前でそれが現実になり、うれしいやら、驚くやら。

12013_11_301

パエリアの色付けに使われるのは写真にも見えているダラリと花弁から大きく出ているめしべで、お茶にして飲むこともできるそうだ。

この赤褐色のめしべからパエリアの鮮やかな黄色が得られるなんて、ちょっと信じられない!

それにしても、ひと月余りで開花に至るとは。

始めはこんな様子だった。

12013_10_30

« 2013年6月 | トップページ | 2014年1月 »