« 吉田秀和のホロヴィッツ来日公演評 | トップページ | お気に入りの店(その一) »

2014年9月28日 (日)

日曜喫茶室のカセットテープ

9月21日(日)に地元の図書館主催の文芸講演会があり、妻と聴きに行って来た。
「江戸を描く、人をえがく」と題し、作家の山本一力が講師だった。

6月上梓になった「戌亥の追風」(いぬいのおいて)は木更津をモチーフとしており、幕末期の江戸における町人、武士をめぐる人間模様を山本さん一流の筆致で描いた小説である。
山本さんは今回が2回目になるそうで、「戌亥の追風」は前回の来演を機に、地元郷土史家の協力の元に取材を重ねて生れたとのこと。
もっとも舞台の中心は江戸で、木更津は物語に深く関わっているにしてもあくまで添え物の域を出ていない。

1img_3934

山本一力の小説を読むのは今度が初めてだが、この人の名前はNHKFMの「日曜喫茶室」というトーク番組で記憶していた。
'09年7月の放送で、この時のもう一人のゲストは木更津出身の中尾彬だった。

偶然なのか木更津に縁がある人なのか、作ったような取り合わせだ。

軽妙な中尾と対照的に率直でどちらかといえばぶっきらぼうな語り口の山本とが、テーマだった夏の食べ物についての話に花を咲かせ、司会のはかま満緒、常連の池内紀ともども大変に盛り上がり、最近の放送の中では出色の回だったと思っている。

今回の講演においても山本は、とおりのよい声で素朴な語り口から自身の来歴、直木賞受賞後の作家生活等々を淡々と語ったが、基本的な印象はFMと変わらないものだった。
それは彼の小説にも色濃く出ていて、細かなレトリックとか技巧などはそぎ落とされ、単刀直入な文章で話が進んで行く。

以上は伏線で、ここからが今回の話の肝である。

講演前日に妻が「日曜喫茶室」を聴きたいと希望し、カセットテープを再生させたがA面最後の部分でテープがキャプスタンに巻き込まれるというアクシデントが起きてしまった。
はじめから巻き込みと分かったわけではなく、テープを取り出そうとEjectを押してデッキの蓋が出て来なくなってしまったトラブルがそもそもの発端である。

無理に引っ張るとデッキを破損させる恐れがあるので取扱説明書で可能性のある原因を探った。
蓋はEjectを押すことでフリーになることを確認した上で、こじ開けてみるとテープがキャプスタンに無残にも何重にも巻き付いていた。

120分テープは薄いのでこういったトラブルは有り得るということは承知していて、過去に経験したこともあるが、選りによって大事にしていたテープで起きてしまい、ショックは大きかった。
テープの取り出しはできたものの、巻き込まれた箇所はしわになってしまい、どうしてもテープの補修が必要になった。

家電量販店、生活雑貨の大型店で切り貼り用のテープを求めても、取扱していないとのすげない返事。
そこでテープのメーカー(日立マクセル)へ電話してみた。
補修用のテープは「スプライシング・テープ」というが、現在生産しているメーカーはない。
埼玉県に修復を請ける業者があるとの情報提供があったので、電話してみたが新たなテープは入手不可能なのでテープそのものの分売はできないとの返事。

結局メーカーのもう一つのアドヴァイス、ダビングをすることにした。
しわになってしまった約10cm位をカットし、応急的に市販のセロテープで切り貼りをして、昨年来使用しているティアックのダブルカセットデッキでコピーした。
接着部は見事に走行に耐え、無事複製を作ることができた。

オーディオのエア・チェック用のメディアで磁気テープに替わるものはものは出ているのだろうか?
そもそも先代のデッキが使えなくなった時、果たして新たに手に入るのか不安がよぎったものである。

また昨年120分テープが今後市場から姿を消すとの情報から買いだめをしていて、現在はそのストックを取り崩しながら録音している。
「日曜喫茶室」は90分では収まらないので、在庫が切れたら完全な録音はできなくなる。
メーカーによると、120分テープ用の薄い材料が輸入できなくなり'12年7月に生産を打ち切ったとのこと。
当分は90分までは生産を続けるそうだ。

TDKはタイ工場が'12年の洪水被害を機にテープ製造を取りやめ、ソニーも現在は生産していないとのこと。

また今日は古い120分テープでアシュケナージのラフマニノフのピアノ協奏曲3番を聴こうと、早送りしていて片面終了時にテープが切れてしまった。
今度は切り貼りと違い、カセットを分解してテープを片側のリールに固定する必要がある。

最近この曲をホロヴィッツのCDで聴いていて比較が楽しみだったが、お預けを食ってしまった。

« 吉田秀和のホロヴィッツ来日公演評 | トップページ | お気に入りの店(その一) »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日曜喫茶室のカセットテープ:

« 吉田秀和のホロヴィッツ来日公演評 | トップページ | お気に入りの店(その一) »