« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月12日 (日)

お気に入りの店-2

お気に入りの店シリーズの第2回は「浜長(はまちょう)」というお店を紹介する。
天ぷらのお店である。
やはり木更津駅西口を出て、「みまち通り」に入ってすぐ、左の横町沿いにある。

目立たない場所なので地元でも知る人は少ないかもしれない。
いつも自分が注文するのは「天丼」。

烏賊をサイコロ切りにしたかき揚げと海老天が載った丼ぶりに、味噌汁、お新香、小鉢が付く。
天ぷらは親父さんが注文を聞いてから揚げ始め、揚げ上がるのに合せておかみさんが丼ぶりにご飯をよそって熱々が出てくる。

1img_3945

1img_3947_3

揚げ立てを千切り、天つゆの浸み込んだご飯を口にし、沢庵をばりばり噛砕き、味噌汁を吸い、箸休めに小鉢の煮物へ手を出し・・・と繰り返す幸せな一時。

食べ終わった時の満足感からして、\720は安すぎといつも思う。

2014年10月 1日 (水)

お気に入りの店(その一)

今日から10月。あいにく朝から一日雨模様だった。
日の出、日の入りもどんどん縮んできて、朝晩の冷え込みも徐々に強くなってきた。

地元の行きつけの店がいくつかあって、シリーズで紹介して行きたい。
今回は「富貴」という店。

JR木更津駅西口のすぐ近くにあり、どちらかというと一杯飲み屋だが、店先のグリーンの看板にもあるとおり、うなぎと焼き鳥が売りである。

うなぎは料金が高めなので専ら焼き鳥定食を注文している。
文字通り、お気に入りのメニューで焼き鳥4本(たれ、塩が各2本)にご飯、みそ汁、お新香が付く。
値段は¥860。

席に着くと、おしぼりと大きな湯呑に入れたお茶を親父さんが出してくれる。
焼き鳥が焼けるまでは地元紙「新千葉新聞」に目を通す。
焼き鳥の焼ける音を真近にしながらゆっくりと時間が流れる時、ささやかな幸せを感じる。

串は大体鶏レバーから手を付ける。焼き具合が絶妙で生寸前みたいなとろけるような柔らかさがたまらない。
砂肝のこりこりした歯応え、ネギ間の鶏のしなやかさと葱とのコンビネーション・・・

焼き鳥と合せて食べるご飯がまたおいしい。
お新香、みそ汁を交互に口にして行くとうまさが増幅される。

1img_3936

1img_3938

1img_3939


« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »