« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月12日 (月)

ウイーンフィル・ニューイヤーコンサート2015 (その2)

第2部プログラムと視聴メモ

☆初登場
◎趣向
△バレエ映像挿入

1.常動曲 ヨハン・シュトラウス
副題「音楽による冗談」。終止がない。産業革命当時の「永久機関」になぞらえた。
最後はメータが会場に向かって「エトセトラ、エトセトラ、エトセトラ」と云って終わる。
2.加速度ワルツ ヨハン・シュトラウス
技術者舞踏会(1,860)のためにその前日に作曲。曲名のとおり段々速くなる。
3.電磁気ポルカ ヨハン・シュトラウス
工科大学学生支援舞踏会(1,852)のために作曲。物々しい曲名だが、素朴で洒落たチャーミングな小品。
4.ポルカ「蒸気をあげて」 エドゥアルト・シュトラウス
王宮の工芸舞踏会(1,871)のために作曲。蒸気機関車を描写。

メータ、一旦袖へ下がる。

5.ワルツ「エルベ川にて」☆ ヨハン・シュトラウス
ヨハン最後のワルツ作品。

6.シャンパン・ギャロップ◎ ハンス・クリスチャン・ロンビ(Hans Christian Lumbye)
北欧のシュトラウス(デンマーク)と称される。
団員がコーラスを始め、シャンパン・グラス数杯が乗ったトレーが舞台へ運ばれ、メータから奏者へグラスが渡されて行く。演奏が終り、残ったグラスはコンサートマスターのライナー・キュッヒルと次席奏者へ渡され、最後のグラスはメータが手にし、各団員とグラスを交わし、自身は口にせず(?)袖へ。
7.学生ポルカ☆◎△ ヨハン・シュトラウス
王宮の学生舞踏会(1,862)で初演。引用されている学生歌「いざ楽しまん」は、ブラームス「大学祝典序曲」にも使われている。
ウイーン大学設立650年にちなみ今回演奏された。
バレエを映像挿入。ウイーン大学を使用し、広大な図書室が出てくるが周囲を囲む膨大な書架が圧巻。
8.自由行進曲☆ 父ヨハン・シュトラウス
1,848年仏2月革命から派生したウイーン3月革命に関連した作品。
9.アンネン・ポルカ◎  ヨハン・シュトラウス
ヨハン・シュトラウス初期の傑作。夏の聖アンナ祭にちなむ作品。アンナは母の名でもある。
メータへ敬意を込めてウイーンフィルが採用した(メータ夫人はナンシー。アンナは愛称「ナンシーコ」といわれることがある)。
映像挿入で王宮のパドック。騎馬服姿の5名の騎手が白馬に乗って登場。
10.ワルツ「酒・女・歌」△  ヨハン・シュトラウス
交友のあったブラームス、ワグナーに愛された作品。
国立バレエ団のバレエを映像挿入。

ここでメータ一旦退場。

11.ポルカ・シュネル「粋に(Mit Chic)」 エドゥアルト・シュトラウス
1,883年の昨品。
この曲でプログラム終了。
イブニングドレス姿の女性から花束を受けるメータ。

以下はアンコール
Ench1 爆発ポルカ◎  ヨハン・シュトラウス
1,847年の昨品。当時大変な人気となった曲。「爆発」は「かっこいい」と云う意味があったとのこと。
演奏終了時に爆発音と共に会場に花吹雪が舞った。
Ench2 美しく青きドナウ(An der schonen blauen Donau,Waltzer)  ヨハン・シュトラウス
メータが静かに指揮棒を振り始めると会場から拍手。
メータ、団員、新年の挨拶。
オーストリア第二の国歌といわれる。
ブラームスがこの作品を聴いて「残念ながら私の作品ではない。」といったとテロップが流れる。
意味深のようでいて今一つ気が利いていない言葉。
NHKEテレ「らららクラシック」(1/10)でこの曲を取り上げた。以下に参考としてそのメモを記す。
1.普墺戦争(1,866)の敗戦により、舞踏会が自粛され意気消沈する市民を激励するため
合唱曲として作曲された。
オーケストラ版は翌1,867年のパリ万博で初演された。
2.曲の構造
序奏-ワルツ1~5-コーダから成る。
各ワルツはAB2部分があって各々異なるモチーフから成り、それが次々に繰り出され、ソナタ形式のように主題の提示、展開という構成とは別の構造となっている。
コーダでは、各ワルツのモチーフが回想される。
Ench3 ラデツキー行進曲 父ヨハン・シュトラウス
1,848年の昨品。メータが会場の手拍子を場所指定していた。
手拍子は若干不揃い気味だった。
最後の2曲は毎年必ず演奏されるが、確執を持ちつつも最大のライバルだった父子の作品であることには因縁を感じる。

ウイーンフィル・ニューイヤーコンサート2015(その1)

元旦放送のウイーンフィル・ニューイヤーコンサートを今年も録画で見た。
現地時間でいうと、開演が11時15分、20分余の休憩の後第2部が12時15分、アンコール最後の「ラデツキー行進曲」が終わる迄約2時間半、よって終演は午後2時近くという長丁場だ。

元旦の放送は午後7時から2時間45分だったが、ちょうど晩餐だったので見られなかった。
今年も会場のウイーン楽友協会大ホールは着飾った紳士淑女で埋め尽くされ、花々によって晴れやかに飾り立てられていた。
今年は赤が基調となっていて、新年の晴れがましさを盛り立て、白、黄、ピンク、藤色etcの色とりどりの百合、薔薇、カーネーション等々が格調高く飾られていた。

ニューイヤーコンサートは通常の演奏会と違い、指揮者、オーケストラそして聴衆のすべてがにこやかに、和気あいあいとした雰囲気で進行して行く。
若い頃はそれになじめなかったが、50歳を過ぎて先が見えてくるとニューイヤーコンサートを視聴できる幸せを噛みしめ、新たな1年を健康で無事に送れることを祈念し、次の年も見られるよう願うというサイクルが習慣化した。

ニューイヤーコンサートはシュトラウス一家のレパートリーを中心としたプログラムで構成される。作品数は500曲はあるというから、シュトラウス一家中心でありつつ、その年々で個性豊かなプログラムが展開されるのもニューイヤーコンサートの聴き物の一つだ。

今年のテーマは「科学技術」。1,857年皇帝フランツ・ヨーゼフ2世はウイーン市街大改造を行う。また当時は産業革命の時代で、今年2,015年がウイーン工科大学創立200年の年にもあたり、それにちなむ作品を採用したとのこと。
曲自体はそうでもないが、作品名にそれが反映されている。

今年振るのはズビン・メータ。5回目だそうで、最近では'98、'07年以来だ。
インド人で、ウイーン留学で音楽を学んでいる。本人曰くウイーンフィルとの関係は'61年からで実に50年余、楽団員は3世代にまたがるそうだ。
メータの指揮で印象に残っているのは、'09年9月17日サントリーホールでのやはりウイーンフィルとの来日公演。NHKEテレ「芸術劇場」の録画を見た。
プログラム前半のバルトーク「オーケストラのための協奏曲」だ。カラヤン/ベルリンフィルのLPを持っていて、楽章の区分を付けない溝の切り方をしたLPなので漫然と聴いていると全体の構成がよく理解できなかった。

それが映像で、オケのパートと共に音を聴いているとそれが明解に分かる(気がする)。メータが後半のベートーヴェンの7番共々暗譜で指揮していたことも強く印象に残ったのだった。

ウイーンフィルはウインナホルンを使用していて、それが独自のサウンドの要因の一つになっているという話を過去のニューイヤーコンサートのゲストのトークで聴いた記憶がある。

「オーケストラのための協奏曲」は、ウインナホルンを指定した作品であることも確かその際に聴いたと思う。そういう意味でも貴重な録画であると思う。

第1部
1.「ウイーンの朝・昼・晩」序曲 フランツ・フォン・スッペ
2.ワルツ「東洋の物語」 ヨハン・シュトラウス
オスマン帝国アブデュルハミト2世へ献呈
3.ポルカ・フランセーズ「ウイーンの生活」☆ ヨーゼフ・シュトラウス
4.ポルカ・シュネル「人が笑い生きるところ」☆ エドゥアルト・シュトラウス
5.ワルツ「オーストリアの村つばめ」 ヨーゼフ・シュトラウス
6.ポルカ・シュネル「ドナウのほとりから」 ヨハン・シュトラウス

☆初登場

第2部迄の20分余のインターバルにスタジオではゲストのトークでつないだが、スペシャルゲストとして神田真吾さんというオーストリア国家公認料理マイスターの資格を有するシェフが登場、「ターフェル・シュピッツ(Tafelspitz)」というオーストリア料理を紹介した。

牛肉を根菜と牛骨で煮込んだ神田さんに云わせるとフランス料理などに比べれば素朴な料理だそうだ。
神田さんは楽友協会に隣接するホテルに勤務していたそうで、ニューイヤーコンサートの際は終演後になだれ込むお客への準備で、厨房は戦場のようだったとか興味深いエピソードを披露してくれた。

2015年1月 9日 (金)

ホテルオークラのお正月(その4)

最終日の2日。
朝食はテラスレストランにしていたが、行ってみると行列ができていたのでオーキッドルームへ変更。
利用者は少なめでゆったりと食事が出来た。

ビュッフェで下の写真は、ポークソーセージ、ベーコン、スクランブルエッグ、ハム、ハッシュポテト。

1img_4272

パンは豊富で、どれも手を出したくなるものばかりだったが、その中でクロワッサン、菓子パンを食べたが大変おいしかった。

その他自分がいただいたのは、
ミネストローネスープ
クリームチーズ(ブルーベリー)、カマンベール、他2種
サラダ(レタス、ポテト、etc)、フルーツ(メロン、ぶどう、オレンジ、グレープフルーツ)
牛乳、オレンジジュース、水

またコーヒーは随時カップへ継ぎ足してくれる。
テーブルを通りかかったスタッフに、各レストランのコーヒーは同じなのかを問うと、皆違うブレンドを出しているとのこと。
昨晩のベルエポックの話をすると、前は「トアルコ・トラジャ」を使用していたそうだ。
あといろいろ貴重な話をしてくれた。

妻は書初め教室へ。

1img_4285


自分は囲碁サロンをのぞく。スタッフからフリー対局を勧められるまま、囲碁サロン会員の方と盤をはさんだ。
黒番をもって打った。寄せまで形勢は2転、3転し最後は虎の子の地を破られ中押し負け。

投了して我に返ると、脇に妻が待っていてくれたことに気付いた。

2時からメインロビーで「立華花所望」を観た。
オークラの随処を飾る生け花を担当している石草流家元による立華のパフォーマンスと赤坂の芸者衆による舞踊、奏楽。
新春に相応しい催しだった。

1img_4316

1img_4314_9

1img_4326

オークラ本館は今秋から解体がスタートする。
この大変渋いメインロビー、外壁のなまこ壁はあとわずかで見られなくなる。
勿体ない様な気もするが、それが時代の流れなのだろう。

1img_4169
メインロビー。金屏風にお正月飾り。

1img_4170
メインロビーに向かって左側のコーナー。笹の葉陰が障子に映し出されている。

1img_4331
メインロビーのランタン。はじめは珍妙な形で好きになれなかったが、今は実に味わいがあると思う。

1img_4333
写真ではよくわからないが、メインロビーのオーキッドルーム側の壁。
屏風形の装飾壁。人間国宝富本憲吉の壺の文様「四弁花」を西陣で織り上げたとのこと。

メインロビー自体が重要美術品そのもの。

1img_4294
このパネルは新館イメージ。「オークラヒストリー」コーナーにあった。
これによれば、新館開業は2019年春。東京オリンピックの前年だ。
オークラの開業は1,964年のオリンピック開催に合わせて成されたことを思えば、50年の時を経、
再び開催される東京オリンピックを機に新生オークラへと脱皮するということか。

ホテルオークラのお正月(その3)

元日のディナーは「ラ・ベル・エポック」。
今や伝説上の人物となりつつある故小野正吉シェフが築いたオークラフレンチの真髄を伝えるレストラン、と云うとものものしくなってしまうが、一度はこのレストランの料理を体験したいと思うようになって、今回それが実現した。

早い時間を希望したのだが午後8時からのみと云われて、部屋で待機していたら7時前に電話があって7時15分が空いたとのこと。
別館最上階の12Fの一角を占め、レストラン内は照明を落とし、別世界へ迷い込んだよう。

コース・メニューは2つ。上のランクの方にした。
ワインは分からないので勧められた白ワイン、ボルドーだったかブルゴーニュだったか覚えていないがレシートの記載に従うと’Meursault’。
正真正銘のフルコースで、洗練された盛り付け、食器、そして勿論味、そしてサービスを心行くまで味わった。

サービスは品格を保ちつつも、ゲストのレベルに立って不愉快な思いをさせない気配りがあり、サービスを受ける側としては堅苦しさを感じることなく料理を楽しむことが出来た。

1img_4234

パプリカとタマネギのムースに続いて、上の写真は2品目。本鮪と間八のマリネ。アンチョビソースの皿へのかけ方が芸術的。
次に供されたのが’ダブルコンソメ’。これもオークラの看板料理だ。
濃厚な味わい。お正月ということでか金粉を入れて華やかさを出している。

1img_4243

妻がチョイスした’特選和牛フィレ肉のパイ包み焼き”ウェリントン風”、オークラの「絶対の一品」になっているメニュー。
パイの内側にフォアグラのパテが塗りこめられ、中に牛フィレ肉が入った一品。
自分はもう一つの肉料理、シャラン鴨胸肉のロティと腿肉コンフィの煮込みを選んだ。

1img_4244

先の料理を裏から見たところ。周囲に配置されているのはマッシュドポテトに乗せた温野菜。人参はオークラのシンボルのイチョウに象られている。

1img_4247

これはデザート。「タルトタタンと薔薇に見立てた林檎のコンポート」。
ロアール地方(だったか?)のレストランで考案されたもので、正に皿の上に造形された芸術。
食べるのが勿体ない。バニラアイスにまぶされた黒い小片を口に含むと不思議な味わい・・・ちょっとハバ海苔みたいな磯の香を感じさせる。
聞くとトリュフだった。

最後にコーヒー。
豆の種類を聴くと「トラジャ」とのこと。
切れ味のあるシャープな感じ。お代わりを2回する。

ワゴンで小菓子を自由にチョイス。
洒落た感じの物ばかりで全部取りたいくらいだったが、ベリー3種が載ったミニタルト他2個を選んだ。

ホテルオークラのお正月(その2)

元旦が明ける。
快晴。静かなお正月だ。

おせちを1Fコンチネンタルルームでいただく。
9時少し前だったが、混み合う寸前で待つことなく席に着けた。

おせちの前に振り袖姿のホテル嬢からお屠蘇を振る舞われる。
妻と賀詞交換す。

1img_4175

写真のとおり器もよく、ごはん、お新香が付くのも従来通り。
ただ、かまぼこ、伊達巻が今一。
豆に皺一つないのに妻がいたく感心していた。

10時から本館メインロビーで獅子舞。
いわばメインイベントで、開始時間には人であふれていた。

1img_4184

ロビーへ入るところ、客がご祝儀を獅子の口へ入れると、子どもの頭を噛んでくれる。
招福のおまじないだ。

1img_4190

舞い方は獅子役と一人おかめ、ひょっとこ、囃子方は笛、太鼓、鉦の3名。

1img_4192

獅子舞の後は1F平安の間で振舞い餅。
以前はホテルマンがはっぴ姿で餅つきのパフォーマンスをしたが、最近なくなった。
餡と黄粉を一つずつ各人へ配った。数量限定なので早い者勝ち。
部屋でいただいた。

平安の間では午後2時から曲芸。綱渡り、傘でボール回し、剣玉etc20代の若い芸人さんだった。
3時からは江戸紙切り。三遊亭絵馬さんと云うご本人曰く、50歳、独身で、言葉巧みに見物人の気持ちを掴みながら、見事な手さばきで課題の切り絵を仕上げて行くのには感服した。
妻のリクエストが採用され、「松竹梅」で梅の枝に鶯を配した切り絵が出来あがり、妻に進呈された。

大道芸の合間にテラスレストランへ頼んでおいたフレンチトーストをtake-out。
オークラの看板メニューの一つで本来はオーキッドルームの朝食でサービスされるようだが、お正月はそれがなくてtake-outのみのサービス。レンジで温めてもらって部屋でいただく。
トーストという感じはまるでなくて、玉子焼きに限りなく近いクレープみたいな食感だ。

1img_4228

下は平安の間の昭和・伝統芸能・工芸ゾーン入口。

1img_4295

昭和30年代頃の下町の雰囲気をイメージした家並みに、当時のレコードとか電化製品等を配置してあった。
レトロでノスタルジックな空間にしばし魅了された。

1img_4296

16時30分から囲碁サロンで女流棋士の指導対局を受けた。井上初枝二段に6子で教わった。
指導は各先生の2面打ち。もう一人はつくばから来られた方で、やはり6子だったが、大石が捕られてしまい早々と決着がついてしまった。
私の方は中盤疑問手がありながら、やや残しているかと思いながら打っていたが、終盤軽率な手が出て地を荒らされてしまい投了。

対局中の先生の顔をしばしば窺いながら打っていたのだが、結構真っ赤な顔をされたり、真剣な面持ちで打っておられたところからするとあまり手を抜かれておられるようなことはなかったのかも。

碁は普段は全く打たない。時々NHKのトーナメントの放送を見る程度。
だから指導対局に応募する資格は本当はないのだが、お正月のご愛敬だと自分を納得させている。
対局後の井上先生のアドバイスも温かく、指導してもらって良かったと思う。

ホテルオークラのお正月(その1)

12月31日から1月2日までホテルオークラで大晦日とお正月を過ごして来た。
オークラはこの時期門松を立て、お正月飾りを随処に置き、館内のお正月気分を盛り上げ、さまざまなイベントで楽しく、レストランではお正月メニューを用意し、もてなしてくれる。

今年から本館の建替えが始まり、最後になるので部屋は本館の方にした。
割り当てられたのは3階、M310号室。(オークラは本館はM(Main)、別館はS(South-Wing)と区別している。)
本館ロビーが5階で、それより下であり、スタンダードダブルでグレードとしては多分一番低いかそれに近い部屋だ。

が、窓からはテラスレストラン前の庭園を目の当たりにするロケーション、今回は暗くなってからのイルミネーションも部屋から楽しむことが出来た。
またデスク引出しにあった冊子「Okura Legend」最終ページの写真は丁度逆方向から本館、テラスレストランそして庭園を撮影したものだが今回私達が滞在したM310号室も真ん中近い部分に納まっている。

設備は古く、グレードも低い部屋ではあるが、写真に入った場所に宿泊してよかったと思っている。

朝の庭園。右下の屋根がテラスレストラン。

1img_4225

夕闇が近くなり、イルミネーションが点灯する。
1img_4230

夜も深まってイルミネーションが本格化。

1img_4157_4

夕食は別館2階メイプルルームで桃花林のお正月特選メニューを選んだ。
この桃花林のメニューは2回目で、ほぼ同じコースだったが前回より食材がグレードダウンした。
ふかひれスープは前回は蟹の卵入りに対し今回はふかひれ姿煮、海老のチリソース煮は前回は伊勢海老、今回は大海老(ホワイトタイガー)

桃花林の料理は洗練されたというよりも、どこか家庭的な感じがする。スマートさとは程遠いが、親しみと暖かみを感じる。

1img_4118

前菜。

1img_4128_2

デザートの杏仁豆腐。今まで味わった中でも一二の味わい。

部屋に戻りTVで紅白を見る。今回は紅組司会が吉高由里子で、中島みゆき、絢香(あやか)と朝ドラの主題歌の歌手、「花子とアン」出演者達のコント(これがとてもよかった)、美輪明宏が劇中歌「愛の賛歌」と朝ドラずくしの感あり。

そして年越しそばのふるまい。

1img_4161

1img_4163_2

天ぷらそばと妻はかしわそばをいただいた。
来る年も健康で無事な一年であるよう念じつつ・・・

再び部屋で紅白。出場者の顔ぶれを見ると改めて今昔の感を禁じ得ない。
それだけ自分が年を取ったことを思う。

今回の大トリは松田聖子。
紅白が終り、「ゆく年くる年」を見つつ新年が明けた。

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »