« 高橋名人の幕張そばの会 | トップページ | ホテルオークラのお正月(その2) »

2015年1月 9日 (金)

ホテルオークラのお正月(その1)

12月31日から1月2日までホテルオークラで大晦日とお正月を過ごして来た。
オークラはこの時期門松を立て、お正月飾りを随処に置き、館内のお正月気分を盛り上げ、さまざまなイベントで楽しく、レストランではお正月メニューを用意し、もてなしてくれる。

今年から本館の建替えが始まり、最後になるので部屋は本館の方にした。
割り当てられたのは3階、M310号室。(オークラは本館はM(Main)、別館はS(South-Wing)と区別している。)
本館ロビーが5階で、それより下であり、スタンダードダブルでグレードとしては多分一番低いかそれに近い部屋だ。

が、窓からはテラスレストラン前の庭園を目の当たりにするロケーション、今回は暗くなってからのイルミネーションも部屋から楽しむことが出来た。
またデスク引出しにあった冊子「Okura Legend」最終ページの写真は丁度逆方向から本館、テラスレストランそして庭園を撮影したものだが今回私達が滞在したM310号室も真ん中近い部分に納まっている。

設備は古く、グレードも低い部屋ではあるが、写真に入った場所に宿泊してよかったと思っている。

朝の庭園。右下の屋根がテラスレストラン。

1img_4225

夕闇が近くなり、イルミネーションが点灯する。
1img_4230

夜も深まってイルミネーションが本格化。

1img_4157_4

夕食は別館2階メイプルルームで桃花林のお正月特選メニューを選んだ。
この桃花林のメニューは2回目で、ほぼ同じコースだったが前回より食材がグレードダウンした。
ふかひれスープは前回は蟹の卵入りに対し今回はふかひれ姿煮、海老のチリソース煮は前回は伊勢海老、今回は大海老(ホワイトタイガー)

桃花林の料理は洗練されたというよりも、どこか家庭的な感じがする。スマートさとは程遠いが、親しみと暖かみを感じる。

1img_4118

前菜。

1img_4128_2

デザートの杏仁豆腐。今まで味わった中でも一二の味わい。

部屋に戻りTVで紅白を見る。今回は紅組司会が吉高由里子で、中島みゆき、絢香(あやか)と朝ドラの主題歌の歌手、「花子とアン」出演者達のコント(これがとてもよかった)、美輪明宏が劇中歌「愛の賛歌」と朝ドラずくしの感あり。

そして年越しそばのふるまい。

1img_4161

1img_4163_2

天ぷらそばと妻はかしわそばをいただいた。
来る年も健康で無事な一年であるよう念じつつ・・・

再び部屋で紅白。出場者の顔ぶれを見ると改めて今昔の感を禁じ得ない。
それだけ自分が年を取ったことを思う。

今回の大トリは松田聖子。
紅白が終り、「ゆく年くる年」を見つつ新年が明けた。

« 高橋名人の幕張そばの会 | トップページ | ホテルオークラのお正月(その2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテルオークラのお正月(その1):

« 高橋名人の幕張そばの会 | トップページ | ホテルオークラのお正月(その2) »