« 夏目漱石「三四郎」を読む-2 | トップページ | イリーナ・クリコヴァ・ギターリサイタル(その1) »

2015年2月28日 (土)

夏目漱石「三四郎」を読む-3

4 その他
(1)三浦雅士「漱石 母に愛されなかった子」岩波新書
2,008年に出版され、当時は漱石から離れていたので読んでも深く理解できなかった。
漱石の出自を踏まえて、全作品を視野に入れて制作年代に従って作品にメスを入れて行く書き下ろしの労作。

今回は「三四郎」に関わる部分を拾い読みしてみた。
三四郎は鈍感で、度胸がなく、極度の緊張症でもあり、美禰子に翻弄され、最後は失恋に終るのも当然の報いだと、かなり三四郎に辛辣だ。

従来評価の低かった「坑夫」に対しても評価をしていたり、著者のユニークな分析が魅力的だ。
独自の視点から漱石作品を論じた本書はもう一度通読してみたい。

(2)池澤夏樹「日本文学全集」
共に個人編集の「世界文学全集」では20世紀後半に絞って作品が選ばれたのに対して、こちらは「古事記」「万葉集」「源氏物語」等々古代から始まり、現代日本文学に至る。

全30巻の内、明治期の小説作品に充てられたのは1巻のみ。
作家は夏目漱石、森鴎外、樋口一葉の3人の各1作品ずつ。
そして漱石はと云うと「三四郎」が選ばれている。
パンフレットのコメントは、「明治は若者の時代、清新な時代」とあり、「三四郎」が選ばれた理由(わけ)がうなずける。

ちなみに明治以降で1巻を単独で占めているのは谷崎潤一郎、大岡昇平、吉田健一、大江健三郎、中上健次、石牟礼道子、須賀敦子の7名。

(3)吉田博、ふじをの事
2月19日の新聞連載のコラム「三四郎つれづれ」は、1月30日の第82回(八の八)に三四郎と美禰子が展覧会で見る「長い間外国を旅行して歩いた兄妹の画」についてがテーマ。
挿画にふじをの「ベニス」が紹介されている。緻密でしっかりした造形の魅力的な作品。

「三四郎」第82回では適確に鑑賞する美禰子に対し、まるで要領を得ない三四郎が対照的だ。
漱石が吉田博、ふじをの絵を見ていたとは、感慨深い。

朝日新聞は購読の希望者へ毎月2枚ずつ12回シリーズで吉田博の木版画を配布しており、第3回が「ヴェニスの運河」で、1,925(大正14)年の制作だが解説を見るとふじをが同行した旅行の際のスケッチが元になっているようだ。
'03(明治36)年から'07(明治40)年まで二人は欧米旅行をし、帰国の年'07年に結婚した由。

第2回「根津正直八百屋」のモデルがふじをだそうで、解説に「三四郎」に二人の事が出てくる旨が記されていた。
吉田博は吉田家へ養子に入り、ふじをはそこの4人姉妹の3女。
吉田博の木版画制作は'20(大正9)年44歳からで、漱石の没後になる。
当初洋画家として地位を確立していた時期の作品を漱石は見ていたわけだ。

吉田博が木版画を始めたのは版元の渡辺庄三郎のすすめからとのことだが、この人物は川瀬巴水の版元でもあったようだ。
二人はほぼ同時代に生き(吉田が7歳年長)、しかも同じ版元から作品を出していたことからも何らかの接点はあっただろう。

共に写実的でしっかりしたデッサンの元で制作されているが、吉田の方が即興的、川瀬の方はより緻密である。

以上覚書風に綴って来たが、日々の連載では細部の発見、文庫では大筋の流れを追い、併行しながら2度読みをしたことになる。
20代で2度読んで以来、60代になっての3度目の正直だが、新鮮な気持ちで読むことができた。
三浦氏は三四郎に対して手厳しいが、私はむしろ三四郎の優しさに魅かれる。
美禰子は、何を考えているのかはっきりしない。
漱石は意図して敢えてそういう書き方をしたのだろうが、奥歯にものが挟まっているような違和感が残っている。

とまれ、充実したひと時をもたらしてくれた漱石に感謝だ!

« 夏目漱石「三四郎」を読む-2 | トップページ | イリーナ・クリコヴァ・ギターリサイタル(その1) »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏目漱石「三四郎」を読む-3:

« 夏目漱石「三四郎」を読む-2 | トップページ | イリーナ・クリコヴァ・ギターリサイタル(その1) »