« 谷崎潤一郎展 | トップページ | ホテルニューオータニ「スペシャル・グルメ・ウイーク」 »

2015年4月29日 (水)

谷崎潤一郎展-2

谷崎潤一郎展の注

(注1)「陰翳礼讃」
日本と西洋文明を対比し、光を積極的に取り入れる西洋に対し、光が局限された陰翳の中にこそ日本古来の文化は光彩を放つと云う主張で、行灯、ロウソクといった灯具、漆器、建築、文楽などの芸能に至るまであらゆる分野に及んでいる中で印象深いものに女性の化粧の「青い口紅」の記述がある。

1,933(昭和8)年当時既に祇園の芸妓でも殆んど見られなくなっていたとしつつ、「女の紅い唇をわざと青黒く塗りつぶして、それに螺鈿を鏤めた」と書く。

すぐには思い出せなかったが、どこかで見たことがあると考えていたら、昨年箱根の岡田美術館で観た歌麿の「深川の雪」だったと思い当たり、録画していた「日曜美術館」で確認してみると遊女たちの下唇が緑色をしている。

番組中化粧品会社の過去の時代の化粧の研究者が、笹色紅といい、紅花の紅を濃く使うと緑色に発色するのだと言っていた。
江戸の文化文政期に流行したそうで、大変高価だったため庶民には手が届かなったようだ。

谷崎の記述は「深川の雪」の遊女たちの下唇と、色も青と緑で微妙に異なっているが、1,886(明治19年)生まれの谷崎であればこその見聞と云えよう。

(注2)
谷崎訳「源氏物語」
展示室の「源氏物語」の訳業について、説明文を見ていたら最初の翻訳の校閲者として「山田孝雄」の名があって、ちょっとドキっとさせられた。

50代に入った頃、鴎外の史伝を読み、岩波版第3次鴎外全集の月報に連載された富士川英郎「伊澤蘭軒標注」や石川淳のもの等を地元図書館でコピーしている内に、角川版体系の小泉浩一郎「渋江抽斉注釈」等鴎外関係の文献に触れたくなって千駄木の鴎外記念本郷図書館へ行き、1次、2次の全集月報の一部をコピーした中に、2次第7巻月報に「鴎外先生と一切経音義」という回想文がある。(注3)この筆者が山田孝雄である。

1img_4442002

私はこれを大変興味深く読み、山田孝雄という名前は記憶されていて、仏教学者とばかり思っていたので、「源氏」の校閲者とあったので面喰ってしまったのだ。
また山田孝雄は「やまだよしお」と読み、これは図録の記述中のルビで今回初めて知った。

谷崎「源氏」は'79年に中央公論から出た愛蔵新書版を5巻まで持っていて、昭和39年十月付け序文に山田孝雄博士の名が出てきて「山田博士も逝き」とあり自身も78歳の齢を重ねたことに触れ、昭和初年から携わってきた「源氏」の訳業の感慨をしみじみと綴っている。

(注3)注の注
大正末年、帝室博物館総長だった鴎外の依頼で、博物館所蔵の「大治本一切経音義」の複製及び「一切経音義索引」の編集をすることになったことにまつわる回想で、関東大震災によって、丹念に蓄積した資料が灰になったり、大治本欠落部分補填を「高麗蔵」に求めるも、国内のものはやはり一部欠落しており、朝鮮に完全版の版木と刷り本3部の存在を発見するも、所有先の閲覧、複製拒否に会い、最後は鴎外へ口利きを頼み、最後の1部が宮内省へ納められて、それによりようやく複製を果たせたという、気が遠くなるような、しかし学究の真摯さを感じさせる内容である。

« 谷崎潤一郎展 | トップページ | ホテルニューオータニ「スペシャル・グルメ・ウイーク」 »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷崎潤一郎展-2:

« 谷崎潤一郎展 | トップページ | ホテルニューオータニ「スペシャル・グルメ・ウイーク」 »