« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月30日 (土)

箱根(その4)

12時に山のホテルをチェックアウトする。
宿泊の特典でモーターボートで芦ノ湖を周遊した。
時間はものの10分に満たず、あっという間だったが風も強くなく気持ちよいひと時だった。

ホテル直下にある専用桟橋。
1img_4902

まずは湖尻方面へ向う。右にせり出ているのは駒ケ岳ロープウェイ乗り場がある処。
雲が一面蔽っているが、晴れれば正面に富士が見える。

1img_4885

湖上からはるか山のホテルを見る。やや右の赤と白の建物がホテル。

1img_4891_2

下船し、ホテルへ戻り、売店で買い物。
箱根名物のさまざまな寄木細工を置いていて、いつも何か購入しているが今回は携帯ストラップをGET。
女性は大体ショッピング好きだが、妻もご多分に漏れずあれこれ時間をかけて品定めをするのが大好きとあって、気の済むまで自由に見させた。
自分はこの間、川瀬巴水の版画に見入ったり、ホテルの来歴のパネルを見たりしたが、ほとんどロビーの椅子へ座っていた。

1時48分ホテルを出発し、隣接する箱根神社へ。
箱根へは何回も来ているが、箱根神社は8年振り2回目。
前回はたまたまバイクのツーリスト達の集会に遭遇したが、今回は若い中国人の団体に居合わせた。
妻にいつも嫌な顔をされるが、寺社参拝の折は必ずお守りを求めることにしている。
ご利益を期待していないと言えば嘘になるが、半ば習慣化していて、強いて言えば一種のコレクションのようなものである。

箱根神社の歴史は古く由緒書によれば神話時代まで遡ることになっているが、割り引いても平安初期には存在していたようである。
祀る神は3神、瓊々杵尊(ににぎのみこと)、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、そして二人の間の皇子の彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)。

本殿への石段。石段両側に鬱蒼とした杉の古木が生い茂る。

1img_4910

上から見た石段。
1img_4917

芦ノ湖に建てられている箱根神社の鳥居へ。
1img_4928

箱根神社を後にし、十国峠へ向う。丁度3時着。
走行中もそうだったが、十国峠の頂上でも鶯の鳴き声が至る所で聴こえていた。
麓のレストハウスで遅い昼食を摂り、ケーブルカーで頂上へ向う。

添乗員の女性は、この4月に入社したてのピカピカのフレッシュウーマン。

下りの便もこの女性だったが、澱みのないガイドをしてくれた。
ふもとから頂上駅を見る。

1img_4940

ガイドの女性によれば朝は富士が見えていた由。何回か十国峠へ来ているが、まだここから富士を見たことがない。
この日も天候は決して悪くはなかったが、富士の方面は雲が出ており見ることが出来なかった。

下は箱根方面の峰々。
1img_4945

十国峠へ来た最大の目的である源実朝歌碑へ向かう。
右側は伊豆半島。
1img_4947

実朝歌碑。
「箱根路を我が越え来れば伊豆の海や沖の小島に波の寄る見ゆ」
実朝22歳の折、二所詣で(伊豆山、箱根権現)の際に詠んだと言う。

昭和8('33)年熱海の篤志家により建立され、平成4('92)年に熱海市がこの場所へ移設した由。

1img_4949_2

ケーブルカーの最終便は4時50分と早く、我々は1便早い4時35分へ乗った。

1img_4954

ふもとのレストハウスも閉店は5時で駐車場も同時に閉めてしまうとの事で急かされるように十国峠を後にし、箱根新道を下り、小田原の鈴廣「かまぼこの里」でお土産のかまぼこetcをGETし帰路に就いた。

小田原厚木道路から東名へ入り、海老名PAで休憩、買い物後、7時13分同PAを出発。
横浜町田ICで東名を降り、保土ヶ谷バイパス、狩場線、湾岸線からアクアラインと乗り継ぎ木更津へ帰着したのは8時20分だった。

2015年5月29日 (金)

箱根(その3)

山のホテルの魅力は種々あるが、食事と温泉を挙げることが出来る。
大浴場(つつじの湯)は6:00~12:00AM、2:00~12:00PMに入浴でき、露天風呂もあり、杉が茂る山の斜面を頭上に見ながら自然を実感できる。

内湯へ首まで浸かっていると疲れが癒されて行く。
洗い場は隣と仕切り板で区切られ、飛沫がお互い飛ばないよう配慮されている。
私は利用した記憶がないが、サウナもある。

その他脱衣場等にも色々工夫があって気持ちよく利用できる。

さて食事だが、夕食が先だったわけだが先ず朝食の方から紹介したい。
山のホテルには洋食、和食のレストランがあり、自由に選べるが、我々は一回夕食に「つつじの茶屋」を利用したのみで専ら洋食の方で通している。
「Vert Bois」と言い、フランス語で「緑の森」の意。
フランス語は不案内だが、vertは形容詞だから名詞のBoisの後に来るのではないかと思うのだが?

とまれ、朝食は「Vert Bois」のテラスで摂るのが楽しみの一つになっている。
21日も、よく晴れて庭園と樹木越しに青い湖面を見せた芦ノ湖、運のいいことに富士も山容を見せ、鶯の鳴き声を聴きつつ、すがすがしい大気を吸いながらの朝食は本当に贅沢だ。

スタンダード・メニューで、まずフレッシュジュース(パイン)。妻はヨーグルト・ドリンク。
手前の小鉢はフルーツコンポート。
テーブルクロスは白。リニューアル前は黄色だった。それがこのテラスに実によくマッチしていてウエイターへ前の方が良かった旨を伝えると、彼も同感の様子で椅子がリニューアルで黄色でなくなったので、取り敢えず白にしたが、色については検討している由。

1img_4852

私はプレーンオムレツ、荒挽きソーセージとサラダをチョイス。
1img_4856

妻は目玉焼き、味噌漬けベーコン
1img_4857

クロワッサンもまずまずの味。お代わりをした。

1img_4858

これはフルーツプレート。特別にサービスしてくれた。
1img_4859

さて夕食である。朝食の前夜20日の7時30分頃から。「Vert Bois」はディナー、晩餐というべきで豪華でもあり、いつも思うのは料理に工夫が感じられ、食器、盛り付けも素晴らしく、かつ料理を運んでくるウエイターたちの仕草が豪華さの演出に一役買っていて、ここで食事をすると深い満足感を得ることが出来る。
今回初めてスペシャル・ディナーを経験した。メニューの紙も違う。見開きでフランス語、日本語でメニューが記されているのは同じ。

最初はオードブル。左手前クランベリー、ミントとポートワインのゼリー、奥はフォアグラのパテとフレンチトースト。真ん中芝海老、グリーンピースの蒸し物。右イベリコ豚の生ハムのピッツァ。

1img_4745

オマール海老のマリネ、アスパラガスetcのテリーヌへ乗せてある。蚕豆のサラダ添え。

1img_4746

白いちじくとくるみ入りの黒糖パン。大変おいしかったので、売店で翌日GET。その他全粒粉パン、バゲットの3種が出た。

1img_4747

コンソメ、牛タンのブレぜ添え。

1img_4748

魚料理。この日はハタ。
1img_4750

グラスで注文した赤ワイン。ボルドー”Maucaillou”'11年。口当たり良く、飲みやすかった。

1img_4744

肉料理は3種からチョイス、これは「国産牛ロース肉のグリエ、エストラゴン風味」

1img_4757

妻が選んだ「シャラン産鴨胸肉のロースト、赤ワインソース」。ソースは別容器。正月に東京のオークラ「ラ・ベル・エポック」で出たのは「シャラン鴨」。
「産」があるのと、ないのとでは似て非なるもののようだ。

1img_4758

デザートのフルーツ入りクレープ。これも4種からのチョイス。

1img_4792

クレープを選んだのはフランべのサービスがあったから。ブランデーの炎がオレンジの皮伝いに下へ燃え移る派手なデモンストレーション。

1img_4778

最後は小菓子3種。生チョコ、マドレーヌ風カステラとマシュマロ。
そして珈琲。通常のカップなので、たっぷり楽しめる。
因みにディナーはネルドリップで濃厚に、朝は普通のドリップでややあっさり目に調整しているとの事。

翌日ラウンジでホテル・ブランドの挽き豆2種「レストランブレンド」と「スペシャル・ブレンド」をGET。共にブラジル、コロンビア主体のブレンドで、レストランブレンドの方がややあっさり目。

2015年5月26日 (火)

箱根(その2)

就寝中の事である。「ドーン」という轟音が聞こえた(様な気がした。何しろ睡眠中だったので)。
噴火か?と一瞬不安がよぎる。
程なく「ゴーッ」という音がしてきた。(空調の風?部屋の中か、外なのか、わからない。)

と、天井の照明1灯が点灯。窓を見るとガラスに雨の滴が。そして音は外から来ているのがわかった。
スコールのような強い雨だ。

やがて照明は消え、同時にナイトテーブルのフットライト、入口灯などが点いた。
この間、1分もしなかった。

フロントに聴いたところ、かなり大きな落雷があって、停電が発生、ホテルの自家用発電機が起動し、非常照明が点灯したとの事。
4時AM頃の出来事である。

翌朝。カーテン越しに光、見ると目の覚める快晴!
しかも見事な富士の偉容!

冷涼な朝の大気を呼吸しつつ、庭園を散策。下は庭園からの富士。

1img_4840

これは部屋の窓から。右下に見南山荘(けんなんさんそう)の碑が見える。

1img_4846

これも部屋から見た芦ノ湖。6時すぎ頃。箱根峠方面を望む。早朝で山も湖面も霧にけぶって墨絵のようだ。
1img_4804

これはやはり部屋から。2時間経過し、からっと晴れ上がって湖面の青が鮮やか。
1img_4809

写真に見る通り、つつじは見頃を終え残念だったが、逆に人出が少なく、慌ただしい思いをしないで済んだ。
ロビーなど、盛期は芋を洗うような有様で椅子へも中々腰を下ろせないが、今回はゆったりできた。

1時PMすぎのロビー。ホテルスタッフの女性1人のみ。中々こんな人がいない写真は撮れない。貴重なショット。

1img_4906

ロビーから下のラウンジへの階段越しに庭園への出入り口。外のまばゆい雰囲気が良く撮れている。

1img_4842

箱根(その1)

5月20日、21日に箱根へ妻と行って来た。

4月末から火山性地震が増加、大涌谷の噴煙量が増え、噴出ガスのCO2含有量も増加、周辺の山体は12cmも隆起、気象庁は噴火警戒レベルを2とし、同周辺300m以内が立入禁止となり現在に至っている。
火山活動の活発化は箱根に限らず、昨年9月の御嶽山の噴火、蔵王、草津白根、阿蘇、桜島等全国共通に見られ、御嶽山では多くの犠牲者を出しているだけに、慎重な対応が求められるわけだが、ネット、一部の週刊誌では、必要以上に警戒心を煽るような記事も出ている様子で、私もネットでその一端を見て大丈夫だろうか?と不安を覚えたことを告白しておく。

それらの報道を総合的に勘案して、立入禁止区域以外への被害波及は無かろうと判断し、予定通り行くことにした。

箱根新道大観山ICから国道1号へ入り、芦ノ湖沿いに元箱根方面へ向かったが、この辺りは渋滞してノロノロを余儀なくさせられるのが、この日は先行、後続とも車がなくあっと言う間に通過してしまった。

沿道の店も閉まっているのが目立った。

山のホテルへチェックイン。部屋は昨年と同じ317号室だった。4月下旬にリニューアルオープンしたばかり。
部屋のレイアウトは変わっていないので、左程目新しさは感じなかった。

下は部屋の窓側のコーナー、窓から芦ノ湖が見えている。

1img_4734

部屋で小憩後、二人して庭園を散策。
20日前後がつつじの見頃のピークだった筈が、今年は先週末が最盛期で、花は落ち、しおれ、花弁にはシミが入って、とても見られない。
しゃくなげも同じだった。

この株はフジニシキ。これは、まだ蕾も多い。

1img_4719

こちらのしゃくなげも蕾を持っている。

1img_4724
こちらはカルミナの蕾。北米が原産地の樹種。
1img_4726

こちらもしゃくなげ。写真がしゃくなげばかりになってしまった。
1img_4832

2015年5月18日 (月)

鳥獣戯画展

15日、東京国立博物館「鳥獣戯画 京都高山寺の至宝」展へ行って来た。
ほのぼのとした癒しを与えてくれる甲巻が眼目で、為に前売券を入手していた。

1img_4709

が、甲巻展示スペースには長蛇の列。立札の待ち時間は160分。
他の展示を一通り見て、時計は早や5時を指していた。金曜で8時まで開いているが、閉館時間ギリギリまで行列へ身を投じていなければならない。
2時から3時間鑑賞して疲れてもいて、甲巻を見ないで帰るのは辛いが背に腹は替えられない。
見切りを付けて平成館を出た。

東博の特別展は人気が高く、平成館入り口前の屋外へ行列させられることが多い。
この日、外の立札の待ち時間は80分とあったが、実際は30分だった。
日傘の貸し出し、給水等の配慮はあったが、この日みたいに暑いと体調を崩す人が出かねない。

そして中でも甲巻を見るには、行列へ並ばなければならない。
こういう展示方法しかないのだろうか?ちょっと割り切れないものを感じた。

東博では過去2度、お目当てを見ることなく帰る経験をしている。

最初は'12年1月11日の「北京故宮博物院200選」。
この時は「清明上河図」が目玉で、やはり160分待ちだった。この時は後方から作品を窺うことは出来たのでまだしもだった。

そして2度目が昨年7月4日の「台北故宮博物院展」。
この時は「翠玉白菜」が目玉で、この作品だけ展示期間が約2週間と限られていた上、この1作のために本館特別5室をあてがう隔離展示。

意図的に主催者がハードルを上げているのでは?と勘ぐりたくなったことを記憶している。
私が行ったのは展示終了の3日前で、屋外に行列が出来ていて見る気持ちが失せてしまった。

過去を振り返ってみると、自身にとって空前絶後となるであろう経験がある。

'00(平成12)年6月、フェルメールが初めて日本へ来て、妻と共に大阪まで行った事だ。
天王寺公園の大阪市立美術館「フェルメールとその時代展」である。
24日、待ち時間が2時間30分と途方もなくて見合わせ、翌25日に出直すと前日を上回る3時間30分となっていた。

フェルメールを見るためにわざわざ大阪まで行ったので、諦めるわけにも行かず行列に入り、結局入館出来たのは10時に並んで3時間後の1時過ぎだった。
それにしてもよくぞ頑張り通したものと我ながら感心している。今は無理かもしれない。

「鳥獣戯画展」はサントリー美術館でも開催されている。
'07(平成19)年11月23日に国立新美術館の「フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展」へやはり妻と行った際に東京ミッドタウンへ立寄り、偶然に開催を知り、鑑賞することとなったのだった。

これはその図録の表紙

1img_4706

美術鑑賞には、行列に耐える気力、体力が必要だ。
そして混雑の中で作品に向き合う集中力、強靭な精神力も。

2015年5月10日 (日)

ホテルオークラの「ワールドガーデニングブッフェ」

ホテルオークラのゴールデン・ウイーク恒例企画「第15回大使、同夫人による10カ国のガーデニング」へ妻と行き、タイアップ企画で「ワールドガーデニングブッフェ」(ランチ)があり、利用して来た。

会場は本館1Fコンチネンタルルーム。お正月におせち料理をいただいたところだ。
メニューはガーデニング参加国に因んだものと、オークラの特製料理から成り、食材、レシピに工夫があって、意外性も相まって楽しみつつ、美味しくいただくことができた。

左:1アイルランド風シチュー、右:2ベルギー風白身魚の水炊き
1img_4508

左:3スロバキア風チーズニョッキ、4スウェーデン風サーモンの塩漬け、5ポルトガル風タラのコロッケ、右:6ポーランド風水餃子
1img_4510

シーフードグラタン
1img_4512

こちらは7米国風ローストターキーとアイルランド風シチューコーナーの様子

1img_4513

1img_4596_5

8英国風ローストビーフ、ヨークシャープディング添え
1img_4517

これは9トルコ風アーモンドプリンの大皿
1img_4550

そして最後の10イタリア風ティラミスの大皿
1img_4548

各種スイーツ

1img_4551

1img_4552_2
1img_4553

ヴィシソワーズ・スープ。ジャガイモの冷製スープで大変おいしかった。
1img_4555

各種オードブルの大皿

1img_4563

1img_4565
1img_4567

2015年5月 9日 (土)

ホテルニューオータニ「スペシャル・グルメ・ウイーク」

ゴールデン・ウイークの5月4日、ホテルニューオータニ東京ザ・スカイの"Special Gourmet Week"ディナーに行って来た。
翌5日はホテルオークラの「大使、同夫人による10カ国のガーデニング」を鑑賞し、ホテル内のレストランでランチを摂ろうと当初は漠然と考えていたが、こちらも結果的にランチ・ブッフェを利用することとなり、そちらは別アーティクルでレポートしたい。

”the SKY”今回の企画はゴールデン・ウイーク向けに通常よりメニューをグレードアップし、好きなものを好きなだけいただくブッフェのメリット、気軽さを楽しんだ。
2部制で遅い方の7時30分からの2時間だった。

先ずはコンソメ・スープ、濃厚で上品な味だ。

1img_4462
もう一品ズワイガニ入りフカヒレスープもいただく。

オードブル。真鯛のカルパッチョ、生ハム、金華ハム、クラゲ、枝豆豆腐と鮑、雲丹味噌かけetc

スカイのオードブルは味付けが上品で気に入っている(写真の盛り付けは余り上品とは言いがたいが・・・)。

1img_4464

寿司(大トロ、甘海老、玉子焼き)
1img_4468

和牛サーロイン
1img_4470

北京ダック
1img_4471

黒アワビ
1img_4473

目玉の一つ、オマール海老の鉄板焼き、手前はホタテ
1img_4474

ジューシーに焼き上げたローストビーフ。という触れ込みだがあまりジューシーではなかった。
1img_4480

天ぷら(海老、きす、ししとうetc)
1img_4482

パン・ケーキ。バター、メープルシロップ(3種あり)かけ。
1img_4489

スイーツ(スーパー黒豆カン、苺ゼリー、オペラ、苺ロール、チーズケーキetc)
スカイのスイーツも一級品。ただ今回は種類は抑えられていた。
黒豆パウンドケーキもgood。
1img_4484

アイスクリーム、シャーベット。
1img_4481

1img_4488_5

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »