« 京都、奈良行(6) | トップページ | 京都、奈良行(8) »

2015年11月26日 (木)

琳派展-京都、奈良行(7)

「琳派 京(みやこ)を彩る」展。旅の最終日10月31日(土)は丁度会期半ばにあたる日だった(11月23日までなので、既に終わっている)。
平成知新館という新館が会場。
京都国立博物館は平成19年狩野永徳展以来だが、その時は知新館はまだ出来ていなかった。

3階から下の階へと進む順路。
作品数も多からず少なからずだったので、じっくり鑑賞でき、見応えもあり充実感が得られた。

1img_5247
上は出品目録

最も印象に残ったのは宗達「風神雷神図屏風」(国宝。NO67)

1img_5245
宗達のみならず、光琳そして抱一の「風神雷神図屏風」を一堂に見ることが出来、壮観だった。

光悦、宗達「鶴下絵三十六歌仙和歌巻」(重文。NO27)

1img_5246
宗達の下絵と自在な光悦の筆とのコラボレーションが見事。

光悦「舟橋蒔絵硯箱」(国宝。NO12)
TV東京「美の巨人達」で読み解きを見たが、技法、独創性、それに奇跡が加わり、この途方もない作品が誕生した由。

展示時期により残念ながら見られなかったのは、抱一「夏秋草図屏風」(重文。NO70)と光琳「八橋蒔絵螺鈿硯箱」(国宝。NO114)。
「夏秋草図屏風」も「美の巨人達」で解説していたが、光琳の「風神雷神図屏風」の裏に描かれた作で、「風神雷神図」と呼応する構成となっているのに唸らされた。

現在朝日新聞に連載中の漱石「門」にも抱一「秋草図屏風」が登場する。
四の11で(10月21日付け)、秋の七草に銀の月が描かれ、基一と署名された俳句の賛が添えられ、抱一の落款が押されているというように、かなり具体的に書かれているが、実際の作品をベースにしているわけではなく、どうも漱石の空想の産物らしい。主人公宗助が叔父へ預けていたのを引き取るが、持て余して骨董屋へ売ろうとして、その駆け引きの様子が描写されている。

リストを見ていると抱一もそこそこ展示されているが、光悦、宗達、光琳に重心があり特に光悦、宗達に軸足を置いた構成であることが分かる。
琳派誕生400年を記念した展覧会であるから当然の帰結だ。

宗達「風神雷神図屏風」を見るのは今度が初めてである。
過去に東京他で琳派の展覧会は結構見ていて、その中の2つにこの作が含まれていたが、あいにく両方展示期間から外れていて縁がなかった。
平成20年('08)秋の東京国立博物館の大琳派展では「風神雷神図」が宗達、光琳、抱一、基一と4作が一堂に会しているが(基一のみ襖)、私が見た日は宗達だけが展示日でなかったが、圧巻だった記憶があって記憶が定かでないが宗達は複製が架かっていたかもしれない。
よって気分的には宗達の実物は初めてという気がしない。

大琳派展は光琳生誕350年を記念したもので、光悦、宗達から光琳、乾山そして抱一、基一に至る質量共私が行った琳派展中では一番の展覧会である。
同じ年の夏、琳派だけではないが東博で開催された「対決巨匠たちの日本美術」展で、光悦、宗達、光琳、乾山が出品されたが、やはり宗達、光琳の「風神雷神図屏風」の実物を見はぐっている。

平成23年('11)は抱一生誕250年を記念した展覧会を2つ見た。
第1は出光美術館の「琳派芸術-光悦・宗達から江戸琳派」で、会期を分け、2部構成とし、第1部は光悦、宗達、光琳に、第2部は抱一、基一の江戸琳派に焦点を当て通期で乾山他の陶芸作品を展示するというもの。

1img_5249
規模は小さいながら、テーマ性が明確で、特に第2部は1作品を除いて全て自前の所蔵作品で構成した印象的な展覧会だった。

もう一つは秋に千葉市美術館で開かれた「酒井抱一と江戸琳派の全貌」展。
江戸琳派の展覧会としては最大規模で、原羊遊斎の蒔絵作品が展示されていたのが印象に残っている。

平成21年('09)に朝日新聞に連載された乙川優三郎「麗しき花実」は心に残る作品で、江戸で蒔絵の修行に励む女性が主人公の小説で、抱一、基一も登場し、蒔絵の師が原羊遊斎だった。

その挿し絵を書いていたのは中一弥という人で、作品に合ったしみじみした味わいがあったが、この10月に104歳で亡くなった。

1img_5250
上は朝日新聞11月6日付け追悼記事。

以上の展覧会では、唯一千葉市美術館の図録を持っている。500頁余の大冊で、今回の京博の特設テント売店でも売られていたのにはビックリ!

1img_5251

« 京都、奈良行(6) | トップページ | 京都、奈良行(8) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琳派展-京都、奈良行(7):

« 京都、奈良行(6) | トップページ | 京都、奈良行(8) »