« インターステラー | トップページ | 養老孟司講演会 »

2016年7月 5日 (火)

昨日(7月4日(月))は日中うだるような暑さだったが、夕方に気象が急変した。
夕立というような生易しいものではなく、一瞬の荒々しい嵐のような激しいものだった。
夕方6時頃、立て続けに雷。同じ方向から稲光が数回、就中はじめのは天から地へ直撃する一本の太い光で、近距離を示唆する時間差があまりない特大の音響だった。
しばらく雷鳴に肝を冷していると、程なく空がかき曇り、暗くなったかと思いきや、強い雨足が襲って来た。横殴りで瞬く間に西、北向きへの吹き付けが始まった。
する内に停電。めずらしい。数十秒続いた。滅多にない事だ。
その内空が明るくなり始める。雨は弱いながらしばらく降り続いていたが、やがて雨も上がり、6時は過ぎていたものの真昼のような明るさが回復した。
外を見ると東方面へ虹が立っている!

以上近来稀な気象を体験した。
この夜11時頃だったがコガネ虫が一匹電灯の光につられてぶんぶん羽音をさせて網戸にまとわりついていた。これも今年初めて。

またこの日地元で養老孟司氏の講演会があったが、それは別アーティクルで。

« インターステラー | トップページ | 養老孟司講演会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« インターステラー | トップページ | 養老孟司講演会 »