« 題名のない音楽会「武満徹特集」の補足など | トップページ | 奈良・京都旅行-1 »

2016年10月17日 (月)

私の履歴書(中原誠十六世名人)

秋が深まりつつある。先週から朝晩の冷え込みが身に沁みるようになった。

 

日没も目に見えて早まり、午後5時を過ぎればもう薄暗くなる。
15日から将棋の竜王戦が始まった。今年は前代未聞の事態となった。挑戦者に決まっていた三浦九段がスマホの将棋ソフトを不正使用したのではないかという疑いで、日本将棋連盟は年内の三浦九段の出場を停止する処分を12日に出した。
真相の程はわからないが、やりきれない思いが残る事件だ。代わりに挑戦者となったのは丸山九段。私の地元木更津市出身の棋士である。
第1局は渡辺竜王が先勝した。これから竜王戦が佳境に入って行くにつれて、季節は冬支度を整えて行く。

 

将棋界では、春以降夏に至るまで、ここ数年来タイトル戦は羽生の季節である。今年の羽生は名人位を失冠したが、続く棋聖戦、王位戦はフルセットで辛うじて防衛し、9月から始まった王座戦はストレートで防衛を果たし、通算タイトル獲得数を97と自身の記録を更新した。羽生のタイトル戦への出番は当分ないが、コンピュータソフトとプロ棋士が対戦する電王戦のプロ代表を決める叡王戦が進行中で、羽生は勝ち残っているようなので、羽生とコンピュータソフトとの対局を是非見てみたいと思う。

 

王座戦の第1局が行われた9月6日、対局会場の控室に中原名誉王座が現われ、検討に加わった模様が、ネットの中継ブログに出ていた。そこには5月の日本経済新聞の「私の履歴書」の連載の事も記されていた。
「将棋世界」7、8月号でも渡辺明竜王との対談形式で「いまこそ”自然流”-現代将棋が忘れたもの-」という中原の特集記事が掲載された。昭和40年代から60年代にかけて大山十五世名人、米長永世棋聖、加藤一二三九段、そして谷川九段(十七世名人)といった棋士達との名勝負の数々が棋譜とともに回想されている。

 

1img_6166
中原名人は私より3歳年長で同世代の人であり、私が将棋の魅力にはまった十代後半頃から華々しく活躍し始め、以来リアルタイムでつぶさに活躍を見つめて来た人だけに、中原名人(*)へは格別の念を抱いている。

 

(*)上の「中原名誉王座」は、中原が持つ永世称号の中から王座戦にちなむ称号を使用しているわけだが、「中原名人」と呼ぶのが個人的には一番しっくり来る。ちなみに上の「将棋世界」特集では「中原十六世名人」で、現在これがもっとも一般的だろう。

 

日経の「私の履歴書」は是非読みたいと思い、地元の図書館へ行ってコピーを取って来た。

 

1img_6165
5月1日から31日まで、6日の新聞休刊日を除く毎日掲載され、全30回である。近況に始まり、生い立ちから将棋との出会い、少年時代の修行、プロ入り後のめざましい活躍、盤上以外のエピソード、特に26回では書きにくかったと思うが、自身のスキャンダルへも率直に触れ、将棋と共に歩んだ人生を中原名人らしいバランスの良さでまとめた貴重な文章である。

 

以下、特に印象深い箇所を「将棋世界」誌を参照しつつ綴ってみたい。

 

「履歴書」14回にある中原が初の名人位を獲得した'71年の31期名人戦の最終局の棋譜は印象に残る一つだ。後手の中原の中飛車に対し、大山の4六金戦法の指し回しが忘れられない。中原自ら14回で書いているように「開き直り」の振り飛車を第6、7局と連採した異様さと、模範的な居飛車を指しながら最終局で敗れ名人位を失冠し、以後大山は復位することなく、中原の名人9連覇のスタートとなった名人戦である。

 

「将棋世界」の方は7月号で31期名人戦の棋譜を第1、2、7局と3局も取り上げている。7月号では対談の相手の渡辺竜王が、将棋連盟のデータベースは「昭和50年代以前の棋譜はほとんどない」と述べているが、手元に昭和56年に将棋連盟が発行した「大山、中原激闘123番」という実戦集がある。

 

1img_6164_2
写真は昭和54年の王位戦第1局。立会人席右に内藤九段、中原の右に故森安九段がいるので対局会場は関西方面か。

 

2人の初手合いの昭和42年の第11期棋聖戦本選に始まり、昭和55年の第28期王座戦に至る棋譜が収められている今となっては大変貴重な本だ。目次を見るとこの殆んどが名人戦、王将戦、十段戦、王位戦、棋聖戦の当時の5大タイトル戦の番勝負だ。

 

大山、中原は、この実戦集以降も31期王将戦(昭和57年)、44期名人戦(昭和61年)等のタイトル戦を含む棋譜を残している。

 

米長永世棋聖との数々の名勝負も棋史に残るものだ。18回で37期名人戦第4局を取り上げている。7月号でも渡辺竜王がこの将棋で出て来る先手「5七銀」を「奇跡の一手」と讃えている。この棋譜を含め7月号には米長との棋譜が3局入っている。

 

19回は昭和57年の40期名人戦。挑戦者は加藤一二三十段(当時)。千日手2局、持将棋1局を含むフルセットのべ10局に及んだ歴史的なシリーズでやはり私の記憶に刻まれている。「将棋世界」8月号に中原が10連覇を阻まれ、名人が交替した歴史的な第8局の棋譜が入っている。

 

24回に駒音コンサートの事が記されている。私は'95年の駒音コンサートを妻と聴きに行った(イイノホール)。12月22日で、当時毎年観戦していた東京国際ギターコンクールの2次予選と同じ日だった。まだ当時ははしごをする元気があった。
この時も中原名人は出演しており、山本直純が出題するベートーヴェンの作品に関するクイズをやはりクラシック通という河口俊彦六段(当時)と回答していた。
神吉五段(当時)が、オーケストラをバックに「乾杯の歌」を原語、暗譜で朗々と歌ったのが忘れられない。
その他、これまた歌唱力プロ級の長沢千和子(ちかこ)女流三段(当時)、田中寅彦九段(井上陽水「傘がない」)、谷川浩司王将(当時)(「Merry Christmas to You」)etc盛り沢山でいい思い出になっている。

 

コンサート後にロビーで出会った谷川王将、森下卓八段(当時(多分))、囲碁の武宮正樹九段(これも多分(^^;)へお願いして快く記念写真を撮らせていただいた事と、観戦記者の東公平さん(「氏」というべきだが、こう記したい流れなので・・・(*2))が森下卓八段と連れだってタクシーへ乗り込もうとしているところを脇で見ていた事とが、昨日の事のようにまぶたに浮かぶ。

 

(*2)名人戦が朝日新聞の独占掲載だった'70年代、将棋欄の観戦記は「紅」の東公平氏(1,933~)と「龍」の田村孝雄氏(1,931~1,990)の二人が交代で執筆していた。田村氏は囲碁欄も「竜騎兵」と名を変えて担当していた。東氏はその後名人戦が毎日新聞へ移った時期、穴埋めに将棋欄へ「坂田三吉物語」をたしか連載していた。私の持っている東氏の著作はA級順位戦における升田幸三九段の観戦記「熱局集」上下、「升田幸三物語」(平成15年角川文庫)。

 

29回には引退の経緯とその後の闘病生活に触れている。発端となった将棋会館での木村一基八段との対局の事は「将棋世界」8月号でも記されており、これが中原の最後の対局となり、棋譜も収められている。

 

現在はリハビリを繰り返す毎日との事だが(1回、30回)、8月号でも冒頭出て来るが、囲碁に励んでいる様子。そして棋力が向上している由。

 

これは私にとって大変励みになる話で、この歳で将棋に少しづつ本腰を入れつつある。強い人の自宅道場へ月2回宛て通うようになり、かれこれ2年。最近はNHKのTV講座、NHK杯トーナメントは欠かさず視聴、「将棋世界」の付録や新聞の詰将棋へも取り組んでいる。
目に見えるまでにはなかなか至らないが、歳も歳なので功を焦ることなく、楽しむ事を念頭に気長に取り組もうと思っている。

 

最終回(30回)では、囲碁の他、クラシック音楽、読書にも親しむ毎日である事が書かれている。そこでは「老子」を2年余りかけてアーサー・ウェイレーの英訳で読破した事が記されていて、大変印象深かった。駒音コンサートについて触れている24回へは、毎日のようにモーツァルト、ベートーベン、ブラームス、またピアノ曲特にシューマンのそれetcを愛聴する日々、と記している。

 

大病後の日々を正に名人の風格で前向きに有意義に過ごされていて、深い感動を覚えると共に、中原名人の棋士人生をリアルタイムで見守って来た者として、親しみと懐かしさを持って「履歴書」と「将棋世界」を読んだのは貴重な時間だった。

« 題名のない音楽会「武満徹特集」の補足など | トップページ | 奈良・京都旅行-1 »

将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私の履歴書(中原誠十六世名人):

« 題名のない音楽会「武満徹特集」の補足など | トップページ | 奈良・京都旅行-1 »