« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

奈良・京都旅行-5(正倉院展)

朝食後部屋へ戻り、小憩後フロントでチェックアウトした。
荷物はホテルへ預け、第68回正倉院展の会場の奈良国立博物館新館へ向かう。
入り口前はいつもの事ながら長蛇の列が出来ていた。

1img_6231

今回は旅行前日の10月30日(日)に日曜美術館で正倉院展の特集が放送され、タイミングよく予習ができた。
今回印象に残ったのは、漆胡瓶(しっこへい)で、優美な形状と表面を覆う精緻な装飾文様が見事だった。

1img_6486

それと、「鳥木石夾纈屏風(とりきいしきょうけちのびょうぶ)」。布地を染める夾纈(きょうけち)という技法で作られた屏風で、平成19('07)年の第59回で見た「羊木臈纈屏風(ひつじきろうけちのびょうぶ)」を思い出した。平成15('03)年の切手趣味週間の図柄となった屏風だ。
また初出陳となる当時の貨幣である「和同開珎(わどうかいちん)」①と「神功開宝(じんぐうかいほう)」②。②は一枚のみの展示だったが、①は15枚で、それぞれ少しずつ大きさとか字体とかが異なっている。今年1月に行った「三井家伝世の至宝」展で三井高陽(たかはる)の切手コレクションを見た時と同種の感慨を覚えた。「和同開珎」とかが古銭市場に出回っているとは思えないが、出ているとしたら価値は切手の竜文切手どころの話ではないだろう。
日曜美術館でも取り上げていたが、貨幣鋳造の材料として当時使用されていたらしいアンチモンのインゴットが展示されていた。錫の代替として国内で産出するアンチモンを銅との合金の材料として使ったようだ。

また聖武天皇(*)一周忌斎会で使用された大幡関係が一室を占有し、特集のような形で展示されていた。これに因んだ図録巻末の内藤栄氏(*2)の小論「聖武天皇の輿(こし) 葬儀と一周忌斎会をめぐって」を興味深く読んだ。
葬儀と一周忌斎会の儀式がどんなもので、どのような教義によったのかを考察している。基本資料を「続日本紀」に拠り、他の研究者の論考を参考にして論を進めている。

一周忌斎会で動員された僧侶は何と千五百人!
教義として採用されたのは「梵網経(ぼんもうきょう)」で、その根拠として、聖武天皇崩御の年である天平勝宝八歳(756)12月30日の孝謙天皇の勅を示している。
「梵網経」は、天平勝宝六歳(754)に鑑真和上から聖武天皇が、光明皇后、孝謙天皇と共に授けられた菩薩戒の際にテキストとなったと推定されているとの事。
また「梵網経」による功徳により、冥界の聖武天皇を「花蔵の宝刹(けぞうのほうさつ)」へ到ることを願意としている由(*3)。
「花蔵の宝刹」とは盧舎那仏の世界のことで、「梵網経」では「蓮花台蔵世界界(れんげだいぞうせかいかい)」という由。

一周忌斎会は、天平勝宝九歳(757)5月2日に東大寺のみならず、全国の国分寺で一斉に行われたというから、当時の国家権力の基盤のゆるぎなさが偲ばれる。
(*)図録は年表以外は「聖武天皇」で統一しているが、崩御時すでに譲位していたので「太上天皇(だいじょうてんのう)」と称するのが正しいが、煩を避けるため、敢えて「聖武天皇」と云っているのだろう。同様に光明皇后は「皇太后」が正しい。
(*2)日曜美術館へも解説者として今年も出演した。
(*3)やはり内藤氏が執筆した図録巻頭の「概説」でも、国家珍宝帳の光明皇后の願文に、聖武天皇の御霊が「花蔵の宝刹」に到ることを宝物献納の目的だったと記されている事に触れている。

今年も会場内はどこも混雑していて、じっくり鑑賞する環境からは程遠かったが、自分なりに正倉院展を味わう事は出来て、来てよかったと思っている。
ホテルへ戻り、ティー・ラウンジでコーヒーを飲み、ショップで買い物をし、タクシーで近鉄奈良駅へ行った。
15時35分発の特急へ乗り込み、京都へ向かった。

奈良・京都旅行-4(奈良ホテルの食事(朝食))

11月1日(火)の朝食は9時半頃から10時すぎまで、1Fメイン・ダイニングのテラス・スペースで頂いた。壁、ガラスで外とは仕切られている。我々が着いたテーブルからは興福寺の五重の塔が見えた。
隣のテーブルからはフランス語が聞こえて来た。これも和辻哲郎の「古寺巡礼」第4章終りの部分にホテルの食堂で居合わせた西洋人の描写が出て来ることと符合する。もっとも和辻のように詳細な観察をする図々しさ(言い過ぎか(^^;)は持ち合わせていなかったが・・・

1img_6278

上はメニュー表紙。
下は興福寺の五重の塔。
1img_6280

1img_6281
上はテラスの様子。大変開放的で快適なスペースだ。
下は我々のテーブル。
1img_6282

妻は朝粥定食をいただいた。
1img_6287
上写真の下左から、茶粥、赤出汁(湯葉、じゅんさい)
中段、奈良漬、刻み胡瓜、大根、ぶり、はじかみ、厚焼き玉子
上段、ごま豆腐(山葵)、炊き合わせ(有頭海老、里芋、いんげん、油揚げ茶巾しぼり(昆布、銀杏)、椎茸)、ぜんまい煮(白ゴマとさつま揚げ細切り乗せ)
下写真は塩昆布、小梅

1img_6288

私はアメリカン・ブレックファスト。
1img_6289

上はグラノーラ。下の写真のとおり、プレーン・オムレツ、ソーセージ、トースト、オレンジ・ジュースをチョイス。
バター、Heroの小壜入りのジャム(ストロベリー、ブルーベリー)が付いた。ソーセージ用にマスタードをリクエスト。
他にサラダをいただく。

1img_6290

コーヒーが出て来たのはプレーン・オムレツの前あたりだったか、お替わりは自由に出来たようだったが、最後に持ってくるよう、注文を付けた。
お替わりはしなかったが、結果的に1杯のみが正解だったと思っている。カップも充分な大きさ。

1img_6291

2016年11月22日 (火)

奈良・京都旅行-3(奈良ホテルの食事(夕食))

旅行の楽しみの中で、食事はウェイトが大きいものの一つだ。
今回の奈良ホテルの宿泊は、朝食付きで、更に正倉院展のチケットが付いたプランだった。夕食は別途予約を入れておいた。
今回は和懐石レストランの「花菊」を予約した。料金は3段階あり、最も低料金の「飛鳥」を選んだ。
その内容は大変リーズナブルなものだった。

また、予約の際、結婚記念日での利用の旨申し出ていたが、それを種々の形で反映してくれて感動を貰って来た。
「花菊」では窓際の席を用意してくれていたが、すでに日没後で奈良の夜景は落ち着いた感じのもので暗く、むしろ室内の映りこみが窓へ反射していた。
下は献立書き。銀色で鶴と松竹梅の模様が刷られた紙で、頭に「祝 結婚記念日」末尾に「おめでとうございます。」とある。
はじめの2品は「千代久」、「祝儀肴」と細かい所まで心配りされていた。

1img_6252

1.千代久 フォアグラと南京の二見寄せ 生ハム くこの実 セルフィユ 赤ワイン風味のそうす
和洋折衷の感があるメニューだが、味は和風。

1img_6253

2.祝儀肴 海老柴煮、松茸、針生姜 焼茄子の胡麻浸し もずく酢、浮き芋、オクラ

1img_6254

3.吸物 清汁仕立 甘鯛新蒸、松茸、大根、人参、三つ葉、柚子

1img_6255

4.造里 お造り三種盛り まぐろ、かんぱち、ひらまさ 芽物一式

1img_6257

5.家喜物 赤むつと帆立の朴葉味噌焼 エリンギ、紅葉麩、カボス                                                                               メニューは赤むつとなっていたが、仲居さんの説明によると、のどぐろが供された。

1img_6258

6.蒸物 栗饅頭 胡桃、鼈甲餡、とき山葵

1img_6260

7.小鉢 大和まなのお浸し 柚子
大和まなは奈良県南部産の由。食感は小松菜に似ているとは妻の感想。

1img_6261

8.油物 かにと蓮芋の東寺巻き新挽き揚げ 九十、椎茸、銀杏、紅葉卸、煎出汁
東寺巻きは、蓮芋の茎、カニを湯葉で巻いている。
煎出汁は天つゆのことだろうが、隣の角小皿は奈良産の茶塩。

1img_6262

9.留椀 味噌仕立
麹味噌、手鞠麩が2つ
10.御飯 奈良県産ひのひかり 香の物
香の物は、白菜、大根と梅干しに見えるのは赤こんにゃく

1img_6263

11.宝石 デザート
メロン、ピオーネ、酒蒸し饅頭(紫芋)、チョコレートへ金文字でお祝いの文字(さりげない演出に感動!)

1img_6268

2016年11月18日 (金)

奈良・京都旅行-2(奈良ホテル)

奈良ホテルは以前から知っていたが、利用するのは今回が初めて。
地図を見てもその立地の良さはわかるが、周囲の眺望に優れた小高い丘にあるので、徒歩というより、自動車を前提に計画された施設と云える。

今回徒歩で近鉄奈良駅から行ったのでその存在を知ることが出来たわけだが、旧大乗院庭園が奈良ホテルに隣接している。大乗院は、1087年(寛治元年)に創建された門跡寺院で、当初藤原氏の子弟が入室し、興福寺の別当職を輩出していた。その敷地の一部が奈良ホテルとなった。江戸時代末期の門跡・隆温が描いた「大乗院四季真景図」を元に復元工事を行い、平城遷都1300年祭に伴い、一般公開している由(以上、奈良ホテルのホームページによる)。

フロントロビー近くの廊下にホテルの年表が掲示されており、それによると創業は明治42(1,909)年で、すでに100年を超えている。

1img_6301_2
その間経営も幾度か曲折を経て現在に至っているのは、積み重ねられた歴史の重みを思うと端倪すべからざるものを感じる。
また、年表を見ると皇族、各界の著名人が数多来訪している事に驚かされる。プロコフィエフ(1,918)、B.ラッセル(1,921)、アインシュタイン(1,922)、ヘレン・ケラー(1,937)、A.ヘップバーン(1,983)etc.枚挙にいとまない。

ロビーに隣接するラウンジ・ルーム(桐の間?)にはアインシュタイン来訪時に弾いたというピアノが置かれている。脇には演奏するアインシュタインの写真が掲示されていた。

年表の反対側には、ホテルゆかりの各種資料が掲示されている。

1img_6294
種々のレストラン・メニューが展示されているが、下は鉄道省が経営していた昭和初期のもの。

1img_6299_2

下は国道169号から荒池越しに見た奈良ホテル。東大寺から帰る途中の午後5時半頃の写真だが、空が白く写っていて薄暮という感じがしないが、実際はすでに薄暗くなっていた。オレンジ色のライトが強い所はティー・ラウンジのある場所。

1img_6249

下は今回宿泊した本館2Fスタンダードツイン。1でも書いたがパークビューの部屋で窓越しに荒池、若草山が見える。
和辻哲郎は「古寺巡礼」の旅で、この奈良ホテルを利用したようだ。第4章終わり近くに、「・・・浅茅が原の向こうに見える若草山一帯の新緑・・・を窓から眺めていると」とあり、正に部屋からの眺望そのものだ。

1img_6274

レトロな雰囲気は充分だが、建物の老朽化を感じざるを得ない。設備も古く、利便性はNGと言わざるを得ない。ただ、ベッドはセミダブルが2つ並んで、ベッドメイクも良く大変快適に眠ることが出来た。
ホテル・オークラの経営指針を引き合いにすると、ベストACSのAccommodationには難がある。Cuisineは次アーティクルで記すが、なかなかReasonableと云える。最後のServiceは悪くないと思う。

下はティー・ラウンジ。この写真は外の席で、この日は満席状態だったので始めこちらへ案内されたが、風が冷たく中が空くのを待って移動した。

1img_6314

下は室内のテーブル。

1img_6316

係員に聞いてみたが、このラウンジでサービスするコーヒーでも何種類かあるそうで、今回我々はフロントでもらった無料クーポンで利用したが、メニューにあるものと豆を変えているとの事。メインダイニングで出すコーヒーはまた違うそうで、ショップで購入した豆も別だそうだ。

下はショップで購入した豆。他に大和茶、葛粉を購入。

1img_6421

ショップに置いてあった本によると、日本の四大クラシックホテルは、箱根の富士屋ホテル、日光の金谷ホテル、軽井沢の万平ホテル、そして奈良ホテルだそうだ。
そういえば、坂道を登りきって辿り着いた正面玄関を見た時は、箱根の富士屋ホテルを思い出した。

次アーティクルでは、奈良ホテルの食事について記す。

2016年11月14日 (月)

奈良・京都旅行-1

10月31日から11月2日にかけて奈良、京都へ行って来た。
丁度1年振りで、この10年来正倉院展に合わせて関西へ行くことが恒例となっている。

東京発9時40分ののぞみ219号。17番ホームで待たされ、車内へ入ることが出来たのは5分前。もう少し早く入ることが出来ないものか。
座席は6号車12列D、E。定刻に発車。やや雲が多く、富士を見ることは叶わないかと思っていたが、新横浜を出て間もなく、うっすら冠雪している富士を見ることが出来た。下はわかりにくいが中央やや左寄りに富士が見える。

1img_6217

11時58分京都到着。新幹線中央改札を出、向かいの近鉄乗り場へ。車両事故があったらしく、ダイヤは大きく混乱していた。特急は運行休止中で、駅員さんのadviceで12時20分発奈良行き急行へ乗った。ただ変則的で途中新田辺で一旦下車し、別車両へ乗り換えた(この駅が始発)。近鉄線のトラブルは今回初めて。京都駅でややロスした以外は比較的スムースに運行していた。
大和西大寺を発車してすぐ平城京跡を横切る。車窓左に大極殿、同右に朱雀門が見えるがあとは広大な更地が広がるのみ。何かイヴェントの準備中のようだった。

近鉄奈良へ着いたのは13時30分頃だったか。徒歩で奈良ホテルへ向かう。下は「ひがしむき通り」のアーケード。今年は春日大社の式年造替の年でそれを祝う提灯が見える。

1img_6222
途中通った猿沢池。

1img_6225

奈良ホテルへBagを持ちながらの徒歩は、少々しんどい。ホテルの敷地へ入ってから急な坂を登らねばならず、老体へはやや応えた。
チェックインには早かったが部屋へ案内してくれた。パークビューで部屋から荒池越しに若草山が見える。

小憩後徒歩で東大寺へ行った。
南大門へ向かう参道は人でごった返していた。そこここで餌をおねだりする鹿が人なつこく寄って来る。
この参道沿いで奈良漬を購入。
包装デザインが下のとおり洒落ている。

1img_6424

下は南大門。外国人(米国人?)の若いグループが左右の仁王像に見入っていた。大華厳寺とあるのは東大寺が華厳宗の総本山であることによる。ただ、正直旅行から帰って来てこの写真を見て初めてこの文字に気付いた。

1img_6234

南大門をくぐり、正面の大仏殿へは行かず、右に折れ、二月堂を目指す。坂道になってすぐ、右に大規模な発掘調査の現場が見えて来た。東塔跡で創建時は東塔と共に西塔が大仏殿を挟んで建っていた由。ちなみに7重の塔だったそうで、共に100m(70mとの説も)という途方もない高さを誇っていたようだ。東大寺ではこの東塔の再建計画があるようで、発掘調査はそのための一環の由。
更に坂道を登って途中2頭の鹿に出会う。とても優しい穏やかな表情を見ていると癒される。

1img_6237

二月堂はお水取りで有名な処。舞台造りの回廊に立つ。ここでお守りを購入。再た榊莫山の書額を見ることが出来た。

下は回廊からの眺望。大屋根が大仏殿。右側に見えるのが奈良市街。後方は生駒山。

1img_6238

下は大仏殿の裏側へ下りる道。私はこの石畳が好きだ。

1img_6243

大仏殿の裏手の講堂跡沿いに右へ折れ、正倉院を一目見ようとしたが、構内へ入るのは午後3時で締め切られる事を知らなかった。すでに4時半になっていた。
下は講堂跡。礎石の列が見える。

1img_6246

この日最後に戒壇堂を拝観した。今回是非ともここに安置されている四天王像を見たかった。
鑑真が聖武天皇以下440余人へ戒を授け、755年(天平勝宝7年)に戒壇院が建立されたとパンフレットにある。享保17(1,732)年に再建されたこの戒壇堂のみが現在残っている。
四天王像4体は作風が同じで作者は同一人物だろう。甲乙は付け難いが、私は広目天像の深遠な表情に最も魅かれる。手には武器ではなく、筆と経巻を持っている。平成14(2,002)年に発行された世界遺産シリーズ切手第7集「古都奈良の文化財」は東大寺、興福寺の寺宝を各5件採用しているが、その中にこの広目天像が入っている。

和辻哲郎の「古寺巡礼」にも出て来る。今回改めてそのくだりを読んでみたが、和辻が訪れた大正7(1,918)年当時の堂宇は埃にまみれていて、四天王像4体はあるまじき保存のされ方だったようだが、若き和辻は、情熱的に像と向き合う。今回和辻の文章で鎧の肩のところが「豹だか獅子だかの頭」となっていることに気付いた(これも帰って来てから(^^;)。
余談だが和辻が古寺巡礼した大正7(1,918)年は第1次大戦終結の年にあたり、たまたま今度の旅行に持参したV.ウルフの「ダロウェイ夫人」の作品世界の時点と同じである。主人公のクラリッサは五十代だが、娘のようなみずみずしい感性の持ち主だ。この小説にはこれまで読んだことのない新鮮な雰囲気がある。ロンドン市内を舞台に展開されるらしいところは未読ではあるがJ.ジョイスの「ユリシーズ」を連想させられる。

大分日が傾き、気温も下がって来た午後6時前にホテルへ帰着した。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »