« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018年3月22日 (木)

身辺雑記

毎度の事ながらあっという間に3月も下旬、彼岸の中日も過ぎ、桜の開花も始まった。
私の地元は雨だったが、昨日は異例の春分の日の雪でTVでも箱根とかの中継をしていた。地元では1月22日が雪だった。とはいえその時も日中は雨で、夕方以降に雪となった。

1月31日には皆既月食があった。スーパー・ブルー・ブラッド・ムーンという可成りレアな皆既月食だったようだ。
私も自宅玄関前で見たが、月食に入ると部分食より月全体が見え、ブラッドというよりは小豆色ぽく見えた。

Img_7401

上は月食に入る直前の部分食で21時35分頃のもの。

2月10日に石牟礼道子が逝去した。朝日新聞に月1回「魂の秘境から」というエッセイが待ち遠しかったが、それも1月31日付けが最後となってしまった。

Img_7453

担当記者によると、パーキンソン病で口述筆記だった由。
それであれだけの文章をものしていたとは、ちょっと考えられない。
「苦海浄土」はいつか読んでみたい。

将棋界では、藤井聡太、羽生善治の二人の活躍が目立っている。
藤井は2016年のデビュー以来公式戦29連勝の新記録を樹立後も勝ちまくり、順位戦全勝でC!昇級を決め四段から五段へ、2月17日に朝日杯史上最年少優勝(佐藤天彦名人、羽生善治竜王等を破って!)により更に2週間余で六段への史上最年少昇段を遂げた。2017年度の将棋界の記録部門の対局数71対局、勝ち数60、勝率0.845(*)、連勝部門において4冠王が確定、と驚異的な実績を上げている。

(*)3月21日時点。22日20時頃、王座戦2次予選の糸谷八段との対局に勝利し、72対局、勝ち数61、勝率0.847となった。

一方羽生は昨年の棋聖位を防衛後、王位、王座と連続でタイトルを失うも、渡辺明から4勝1敗で竜王位を奪取し、永世竜王の称号資格を得て待望の永世7冠資格者となった。通算タイトル獲得数はなんと99となった。
そして昨3月21日順位戦プレーオフ(*2)の最終第5局で稲葉陽(あきら)八段に勝ち、第76期名人戦の挑戦者となった。

(*2)今期順位戦最終局は3月2日に静岡市の料亭「浮月楼」で行われ(羽生は全対局を終えていて、この日は抜け番)、A級11人中6人が6勝4敗で並んだ結果、パラマス方式のプレーオフとなっていた。

先週3月17日(土)に農溝の滝へ妻と行って来た。
房総スカイラインから県道千葉鴨川線へ入り、鴨川方面へ約3km下ったところにある。ネットでブレークして有名になって久しいが、今回初めて行った。
洞窟が水面に写る影と併せハート型に見える形が評判を呼ぶこととなったが、年間を通して春先と秋のみに見ることが出来るのだそうだ。今は正にその貴重な時期に当たっているが、日の出の時間帯限定ということで、寝坊の当方は無理をせず、着いたのは正午を回った頃になっていた。

そもそも有名になった場所は、「亀岩の洞窟」というのだそうで、「農溝の滝」は約50m下流にあるそうだ。

Img_7445

この洞窟は手掘りで、川廻しと言うそうだが、その言葉とは逆に蛇行する川の直近の箇所にショートカットさせるトンネルを通して流れを変え、元の水路だった所を水田として利用する農業土木技術の所産との事。
上流側との段差で洞窟からの流れは滝状になり、岩の形が亀に似ているところから「亀岩の洞窟」と命名された由。

「農溝の滝」は、かつて精米用の水車小屋に水を引き込むための溝があって農家なので「農溝」、水車小屋の脇にあった滝なので「農溝の滝」というのだそうだ。

Img_7424

上は農溝の滝かどうか自信がないが、その近辺の写真。

帰りは久留里経由で千葉信用金庫久留里支店隣にある「すや」というお茶屋さんで煎茶を買った。ここのお茶は本当に美味しく、こちら方面へ出かけた際は立ち寄る事にしている。

昨21日に三谷太一郎「日本の近代とは何であったか」(岩波新書)を読み終えた。

Img_7452

昨年三谷氏81歳の時の刊行だったわけだが、「あとがき」を読み、その学問への情熱の熱さに打たれた。
「老年期の学問」という考え方、10年前に大病なされ、その病後に漱石の「思い出す事など」を読まれ、その中でW.ジェイムズ、ベルグソン等に触れている事に触発されて、R.ホーフスタッターの著作を読み直し、序章のテーマとしたW.バジョットの著作に当たる決意をされた事とか、心境をありのままに綴られている事に感銘を受けると共に励まされる思いがした。
また第1章第3節では鴎外の史伝に触れ、特に「北條霞亭」への評価には啓発された。

「思い出す事など」は読むつもりでいたが、「北條霞亭」も是非読もうと思った。

« 2018年1月 | トップページ | 2018年4月 »