« 箱根・富士宮の旅-4(休暇村富士) | トップページ | 「モルゴーア・カルテット」 »

2018年6月 7日 (木)

箱根・富士宮の旅-5(最終回)

5月16日水曜日、最終日だ。7時起床、既に雲が出ていて富士は見えない。大浴場へ。富士を見ながらであれば最高の気分が味わえただろう。8時過ぎに朝食をいただき、9時にフロントで精算を済ませた。

9時20分にロビーに集合し、隣接地にある田貫湖ふれあい自然塾で「富士山自然スライドショー&ネイチャーガイド」を受講した。
最も印象に残っているのは、青木ヶ原樹海の森のジオラマと溶岩洞窟の模型。溶岩洞窟は1フロア分の高度差があり、慎重に下りないと転がり落ちてしまう。また、這わないと進めない狭い洞窟もあって、本物そっくりに出来ているので、富士周辺にはこんな所があるのかと身をもって学ぶことができた。

また田貫湖は農業用の人造湖だそうだ。
そして田貫湖はダイヤモンド富士観測の名所で、例年4、8月の20日前後に見られるそうだ。
富士を西から見るわけだが、頂上は右上がり、右には測候所があるのだそうだ。そして西側には大沢崩れがあって、それは山頂から麓まで達している。日々崩落しており、崩落量は300t/日になるそうだ。

最も興味深かったのは、富士山の火山活動の話で、淵源はフィリピン海プレート(伊豆半島)がユーラシア・プレート、北アメリカプレート(本州)と衝突し、噴火しやすい環境が作られ、約70万年前に箱根、愛鷹山と共に小御岳(こみたけ)が形成された(それに先がけて先小御岳が形成)。10万年前に古富士ができ、そして約1万年前に新富士が形成され、現在の富士になったという。
1707年の宝永噴火(噴火口は山のホテルからも見える)が最後の噴火の由。

富士周辺の地層は噴火の影響によっていて、泥生堆積層(不透水層)の上に、溶岩層(時間はかかるが、伏流水としての水流ができる)、そしてスコリア層(火山噴出物層)から成っているのだそうだ。
これにより富士山には川がなく、富士から流出する水は伏流水として周辺へ流れているそうだ。

富士山の伏流水は、忍野八海(おしのはっかい)や白糸の滝といった地形を生み、共に世界遺産富士山の構成資産になっている。

12:15休暇村富士を出発。今回の旅の最後の目的地の白糸の滝へ約10分で到着した。
往復の経路の途中に位置しているので都合がよかった。
今回初めてだったが、落差20mの滝が、150mにわたり続く光景は見応えがあった。

Img_7687

上は遠景。
以下何枚かに分けて撮ってみた。

Img_7690

Img_7689

Img_7688

Img_7686

ここはもう一つ音止めの滝がある。

Img_7663

午前の講習会でも学んだが、観光案内コーナーのパネルによれば、白糸の滝は下部の古富士泥流堆積物と上部の新富士白糸溶岩流とが崖となって露出し、両層の境目、上部から湧出した水が滝となっている。よって、上流の川はない。
音止めの滝は落差25m、上下流とも芝川の本流。上の写真の右にも認められるが、白糸の滝と同じ地層で、湧水がある。

14:00白糸の滝を出発し、約30分後新富士ICから新東名に入る。
更に30分後御殿場JCで、妻が富士を発見、麓までよく見えていた。
15:00足柄SAで約30分小休止。
16:00頃海老名SA着。頑固市場、成城石井、箱根ベーカリー等でお土産を買い、16:53出発。
東名の流れはスムーズで約10分で横浜町田ICへ到達、保土ヶ谷バイパスを経て狩場線経由で湾岸を上り、17:32アクアラインに入った。17:44金田料金所を出て、18:06無事自宅へ到着した。
(終わり)

« 箱根・富士宮の旅-4(休暇村富士) | トップページ | 「モルゴーア・カルテット」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根・富士宮の旅-5(最終回):

« 箱根・富士宮の旅-4(休暇村富士) | トップページ | 「モルゴーア・カルテット」 »