« 平野啓一郎「ある男」 | トップページ | 松本清張展 »

2019年4月12日 (金)

カフェ「仕立屋」のランチ

春爛漫の4月9日(火)、カフェ「仕立屋」へ行って来た。
千葉県木更津市有吉に昨年11月にオープンした田園の中のカフェだ。

妻の友人が営むお店で、1月中旬に初めて行き今回は2回目。
やはり妻のお友達であるSさんを誘い、3人で素敵なランチをいただいた。

Img_8278

お店の外観

Img_8271

店内。おしゃれで落ち着いた雰囲気だ。

Img_8275_1

陶芸を趣味とされているママさんの友人の作品などを飾り付けしているコーナー。

Img_8270

東向きの大きな窓から臨むことが出来るのどかな田園風景。心が和んできた。

Img_8273

そしてランチ。盛り付けを見ているだけで幸せになってくる。

有機米ご飯から反時計回りに、人参スープ、鶏肉の味噌和え、厚焼き玉子と蕗の水晶煮ともやしのナムル、ゴマ豆腐、カボチャと彩り野菜のサラダ、人参のスティックフライとサツマイモの素揚げに春菊のサラダ、黒豆とジャスミンゼリーのみつ豆

Img_8274

食後のコーヒー。カップはママさんの友人作だそうで、3人ともが異なるデザインだった。

Sさんは大変な読書家で以前は源氏物語を読書中とのことだったが、この日はM.プルースト「見出された時」の最後の部分に竹馬の喩えが出て来る話をされた。ちなみに「失われた時を求めて」は6回読んだそうだ!!!
J.ジョイス「ユリシーズ」についての話とか、音楽についても話が出て、大変楽しい時間を持つことが出来た。

帰途、小櫃川沿いの桜並木を歩いて、遅めの花見もして来た。

Img_8280

また別れ際に、吉田秀和の「永遠の故郷」(CD版)をいただいた。

Img_8283

吉田のエッセイ集「永遠の故郷」全4巻で取り上げている歌曲を、吉田秀和のセレクションによる演奏でCD5枚に収めて、エッセイ集と併せ立体的に「永遠の故郷」の世界を味わうことが出来る。
これまで歌曲にはあまり親しんでこなかったので、収録作品はほとんどが初めて聴く曲である。

翌日地元の図書館から始めの2冊、「夜」と「薄明」を借りて来た。

Img_8281

第1章「月の光」はG.フォーレの曲。詩はヴェルレーヌで、この詩はドビッシーの「ベルガマスク組曲」命名の由来となっている事を知った。ドビッシーの「月の光」しか知らず、フォーレの方は今度が初めてである。

吉田最晩年の遺言のようなエッセイ集を繙いた幸せを噛みしめている。

« 平野啓一郎「ある男」 | トップページ | 松本清張展 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平野啓一郎「ある男」 | トップページ | 松本清張展 »