« 箱根・富士宮(その5・休暇村富士) | トップページ | 江藤淳展・記念講演(上野千鶴子) »

2019年6月 4日 (火)

箱根・富士宮(その6・富士宮の世界遺産を巡る)

白糸の滝は休暇村富士から約10kmに位置している。近傍に音止めの滝があり、ともに国指定の名勝および天然記念物に指定されているが、世界遺産富士山の構成資産に入っているのは白糸の滝の方である。
白糸の滝は富士山の伏流水が水源なのに対し、音止めの滝は芝川の本流であることによる。( 2018年6月7日

Img_8499

滝は150mの範囲に分散していて私のカメラでは1枚に収めきれない。

Img_8500

落差20mに及ぶ滝がこれだけの幅に連なっているのは壮観である。

Img_8505

河原へ下りて主瀑に近付いて撮影。水しぶきが飛んできた。
水の勢いは昨年よりあった。

11時17分白糸の滝を出発、次の構成資産の富士山本宮浅間大社を目指した。
往路のR139で富士宮市街を目指すつもりだったが、R414の上井出交差点でうっかりR72へ曲がり損ねてしまい、R414を走り続けることとなった。が、結果的にこれは正解だった。
間もなく富士宮市街へ入り、R76との交差点に「浅間大社」の案内標識を認め左折、しばらくして浅間大社駐車場の標識を左折直進し無事浅間大社に到着。意外に早く、所要時間は30分弱だった。

Img_8508

楼門。扁額に「冨士山本宮」とあり、裳階下に新天皇即位を奉祝する提灯、入り口の左右に「令和」改元を奉祝する幟が設置されていた。

Img_8510

拝殿。その屋根のほぼ真ん中上方に見える屋根が本殿。
拝殿左側の社務所で御守りを求めた。

Img_8518

境内にある特別天然記念物「湧玉池(わくたまいけ)」。ここも富士山の伏流水が湧き出ているそうで、コンスタントに毎秒3.6m3とのこと。可成りの水量だ。

ここの主祭神は「木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめのみこと)」(別称:浅間大神(あさまのおおかみ))の由。

箱根神社も同じだった。改めて箱根神社のホームページで確認したら、御祭神は「箱根大神(はこねのおおかみ)」で、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)の3神を総称して「箱根大神」という由。「このはなのさくやひめ」の用字、読みが異なっている。

浅間大社は約30分滞在し、続いて「静岡県富士山世界遺産センター」へ行った。

Img_8521

「富士山世界遺産センター」の外観。富士ヒノキの木格子の逆円錐形が目を惹く。

平成29年末のオープンだから真新しさを感じた。山梨県富士吉田市には「ふじさんミュージアム」があり、こちらは沿革をたどると昭和50年代へさかのぼるようだが、平成27年にリニューアルオープンしたようなので、ほぼ期を一にしている。

「富士山世界遺産センター」は、らせんのスロープを壁に映し出される映像を見ながら上ることで、富士登山を疑似体験しつつ、各所の展示スペースで富士山の自然、歴史、文化、特に富士信仰について学べるようになっている。

富士信仰の展示から富士本宮浅間大社の祭神に関して、メモを元に整理してみた。
江戸期までは神仏習合思想によって神社は仏教思想と融合し、富士信仰においても富士山は大日如来(仏教)が浅間大菩薩=浅間大神(あさまのおおかみ)として現われた、と考えられていた。
また富士信仰(伝説)には、かぐや姫が富士山へ登り、浅間大菩薩となったという、この地域ならではのユニークな話もある。
よって、木花之佐久夜毘売命は浅間大神であり、その本地は大日如来ということになるわけだ。

ちなみに「コノハナノサクヤビメ」は「古事記」(*)上巻の末尾に登場する神話の神。
箱根の大神の他の構成神、瓊瓊杵尊は「コノハナノサクヤビメ」の夫で、天照大神の孫であり、彦火火出見尊は「コノハナノサクヤビメ」の子で「山佐知毘古(ヤマサチビコ)」となる神。

(*)「日本文学全集01」(池澤夏樹訳、河出書房新社、2014年12月2刷)

Img_8524

5F展示ホールからの富士。

2Fの映像シアターの映像を見たり、ここは3時間以上滞在した。

受付でスタッフの女性にR76からR139へ入る道順を教えてもらい、帰途に就いた。
15時55分「富士山世界遺産センター」を出発。
17時26分海老名SA着。休憩及び軽く食事とお土産のGET。(~19時)
程なく横浜町田ICに到着したはよいが、ここで大ちょんぼをしてしまう。
何と、反対方向の八王子方面に入ってしまった!しばらく道なりに走行していたが、間もなく大和市街へ入る分岐点があって、ここで下りると上手い具合に横浜方面への進入路があった。この間約15分。(^^;
それ以降は順調で保土ヶ谷バイパスを横浜方面へひた走り、19時40分狩場IC、同47分湾岸線に乗り、59分アクアラインへ入った。20時10分アクアライン金田出口へ到達。
20時28分無事自宅へ帰還した。
(終わり)

« 箱根・富士宮(その5・休暇村富士) | トップページ | 江藤淳展・記念講演(上野千鶴子) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 箱根・富士宮(その5・休暇村富士) | トップページ | 江藤淳展・記念講演(上野千鶴子) »